日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

次世代の商品管理システム
商品の最適管理とカスタマーエクスペリエンスの向上に貢献

 小売業の商品管理最適化ソリューションを提供するリーディングカンパニーであるチェックポイントシステム社は、次世代の商品管理(EAS)システムをリリース。
・ 商品管理ゲート「EVOLVE i Range」:小売業界の世界大手と協力して開発
・ 商品管理ラベル「マイクロ タンパータグ」:様々なタイプの商品に対して店頭での手貼り、メーカーによる製造段階での高速機械貼のどちらにも対応
・ 商品管理ラベル消去機「CPiD(Counter Point Intelligent Detection)」:精算時点での、より早く安定的なラベル消去を実現

 今回リリースする上記の商品管理システムの商品群は、潜在的な不正行為者(万引き)による盗難行為の抑止、商品管理ラベルを効率的に消去する高い信頼性、そして実際の不正行為に対して適切にアラームを作動させる高いセキュリティ性を兼ね備えている。
 これにより小売業様は不正行為に対してより適切な対応を行うことが可能となる。
 開発時に試験を行ったある店舗では、商品管理体制、精算業務、カスタマーエクスペリエンスが向上したとの結果が得られた。
 商品管理ゲート「EVOLVE i Range」には、同社が開発した最新機能のひとつである「ジャマー検知」を搭載。
 ジャマーと呼ばれる商品管理システムの誤作動を誘発する機器が店内に持ち込まれた際、商品管理システムがアラームを作動させる。
 これにより、スタッフは潜在的な脅威に気付くことが可能となる。 このように同機能は、潜在的な脅威および組織犯罪集団に対する強力な抑止力を発揮し、不正行為を断念させるのに役立つ。
 商品のパッケージ上に貼付する「商品管理ラベル」は、不正行為を未然に抑止する効果と同時に、商品を安全に陳列することでユーザーが欲しい時にすぐに手に取ることができる状態を構築・維持する効果がある。
 とりわけ、新製品「マイクロ タンパータグ」に代表されるMicro Rangeは、商品パッケージ外側への貼付を前提に開発されており、小型サイズながら目に見えるため、不正行為者に対して抑止力を発揮。
 また、非常に小さいためパッケージ上の重要な表記を隠すことなく貼付できるという特徴は、小売業様および消費財メーカーにとっても大きなメリット。
 小型サイズの商品管理ラベル開発において、これまで以上の感知・消去性能を付与するイノベーションを達成することができたのは、同社が長年、検知と消去に関する研究開発を行ってきたからに他ならない。
 このイノベーションにより、より広範な商品に対してのセキュリティ対策が可能となり、商品管理の最適化が期待できる。
 商品管理ラベル消去機「CPiD」についても、小売業様と協力してイノベーションが達成されている。
 あらゆるサイズの商品管理ラベルに対して、より高速かつ省電力での消去を可能としている。
 その結果、電力コストも低減し、より短期間での投資回収を実現。
 安全で、より速く、確実な消去性能により、消去漏れによる不要なアラーム発報防止と精算業務のさらなる効率化を実現し、カスタマーエクスペリエンス向上に貢献するものと期待している。
 不正行為に対して確実に商品管理ゲートが作動し、アラームへの高い信頼性を確保することは、これまで小売業様にとって重要な懸念であった。
 今回リリースするEVOLVE i Rangeは最先端の技術を搭載しており、どのような商品管理ラベルがどのような位置に貼付されていようとも高い水準で検知することが可能。
 リリースに先んじて行った実地テストでは、Micro Rangeの商品管理ラベルを組み合わせて使用することにより、30%のロスが削減されるという結果が得られている。
 また欠品が削減され、商品管理が最適化された結果として、平均10%近く売上が向上したという結果も得られている。

 (株)チェックポイントシステムジャパン
TEL 03-5425-8040

http://www.checkpointsystems.com/

2014年6月30日発信

 
会社案内お問い合わせ