日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

中小規模建物向けのセキュリティーシステム新製品
三菱入退室管理システム「MELSAFETY-Px」発売

 三菱電機(株)は、統合ビルセキュリティーシステム「MELSAFETY」シリーズの新機種として、中小規模の建物向けに入退室機能・侵入監視機能を強化した入退室管理システム「MELSAFETY-Pχ(メルセーフティー・ピーエックス)」の発売を開始した。

◆発売の狙い
 近年、企業における内部統制の観点から、機密情報の流出防止や食品工場内でのフードディフェンスなど安全管理体制の強化が求められており、そのニーズは大規模ビル・工場だけでなく中小規模の建物まで拡大している。
 そこで、同社は今回、大規模建物向けシステム「MELSAFETY-G」で提供している機能のうち、中小規模の建物向けに要望の高い機能をパッケージ化した「MELSAFETY-Px」の発売を開始した。

◆「MELSAFETY-Px」の特長
1.入退室管理機能・侵入監視機能の強化により、セキュリティー性を向上。
 ・決められた順序でのみ複数の扉の通行を許可するエリアアンチパスバック機能の搭載で、入退室管理を強化。
 ・赤外線センサーやマグネットセンサーなど各種防犯センサーの信号を本システムに取り込むことで、部屋への侵入を監視。
 ・空調・照明・エレベーターなどとの連動で、建物全体の省エネ性・セキュリティー性が向上。空調・照明の自動停止や、認証した利用者に限定したエレベーター利用が可能。
 ・建物の平面図を管理パソコンでグラフィック表示し、扉の施錠状態などの監視・制御が可能。さらに平面図やアイコンの位置が編集できることで、建物のレイアウト変更にも容易に対応。
2.豊富な認証端末により、建物・部屋の用途に合わせたシステム構築が可能。
 ・非接触カードリーダーや指透過認証装置の他、ハンズフリータグやインターホン付カードリーダーなどの豊富な認証端末からお客様の要望に合わせて選択し、システム構築が可能。
3.ネットワーク接続に対応し、容易にシステム導入・拡張が可能。
 ・LANで接続した管理パソコンで、Webブラウザを用いて管理でき、専用ソフトウェアのインストールを不要としたことでシステム導入が容易。
 ・運用開始後の管理パソコン・認証端末の増設や機能の拡張にも容易に対応。

 三菱電機(株)
ビル事業部 TEL 03-3218-4530

http://www.mitsubishielectric.co.jp

2014年6月9日発信

 
会社案内お問い合わせ