日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

『Yahoo!安否確認サービス』は、24億ものアクセスにも耐えたYahoo!JAPANの強靭なインフラで確実・迅速に大切な人の安否を確認できます。

(株)クレオソリューション

■ブース番号 2-46

■今回出展製品の概要と特長
 『Yahoo!安否確認サービス』は、地震や台風などの自然災害やパンデミック時に従業員、学生、職員など大切な方々の安否状況を簡易かつ迅速に把握できるサービスです。
 事業継続計画(Business Continuity Plan=BCP)のなかでも最も重要視される「人命の安全確保」における対策の第一歩を支援いたします。
『Yahoo!安否確認サービス』の特長
 1.いつでも安定稼働
  Yahoo!JAPAN の堅牢なネットワーク環境で稼働
 2.低価格の実現
  初期導入費用0円 月々4,000円(利用人数100名以下、年払いの場合)からご利用できます。
  Yahoo!JAPANの既存資産を活用することで、サーバーなどのコストを大幅にカット。
  バージョンアップの際にも追加費用はかかりません。
 3.シンプルな機能
  確実に安否確認を行うことを最優先としたシンプルな機能のため、有事の際にも直感的にご利用できます。
  地震情報と連動した自動でメールが送信、安否状況の自動集計、ログインせずに安否の返答ができるなど、使い易さにこだわりました。

■代表製品の最適市場・活用事例など
 『Yahoo!安否確認サービス』は、Yahoo!安否確認サービスは、大企業から中小企業、学校法人、社会福祉法人まで業種を問わず多種多様なお客様にご導入・ご利用いただいております。
 地震情報と連動していますので、地震発生時には対象者に自動でメールが配信されます。
 メールを受信した利用者は、メールに記載されているURLから自分の安否状況を回答することができ、管理者は素早く簡単に利用者の安否状況を確認することができます。

(株)クレオソリューション
http://www.creo-sol.co.jp/product/safety/anpi-kakunin/

2014年7月7日発信

 
 
会社案内お問い合わせ