日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

IoT/M2M向けサイバーセキュリティ対策基盤を提供

 パナソニック(株)は、あらゆるものがインターネットに接続され、また機器同士がデータ通信を行うIoT/M2M時代が進む中、市場で課題となっている「ハッキング」や「なりすまし」などの「サイバー攻撃」から低リソース環境のIoT/M2Mデバイスを守るため、従来実装が困難とされてきたパソコン並のセキュリティを実現できる暗号・認証モジュールを開発した。
 この暗号・認証モジュールは、パナソニック(株)AVCネットワークス社が開発したもの。
 同モジュールには決済端末など数多くの製品で実績のある同社独自の暗号実装技術を組み入れており、CPUやROM RAMなどのリソースに使用制約があるIoT/M2Mデバイスでも軽量・高速に動作することを可能とする。
 例えば、これを使えば、膨大な処理時間を要する証明書の鍵生成であっても、IoT/M2Mデバイス内部で実行できる。
 また今回、暗号・認証モジュール開発と同時に、各種セキュリティ対策のサービス基盤を構築し、2015年10月より順次提供する予定にしている。
 サービス基盤としては、IoT/M2Mデバイスへのなりすまし行為を防止する「端末証明書発行」、未知なるサイバー攻撃を防止する「サイバー攻撃検知・分析」、そしてログ収集や攻撃対策をおこなう「リモートメンテナンス」を準備する予定。
 これにより、同社は製品への実装コンサルから認証サービス、さらには製品の保守・運用までをトータルで提供することが可能となる。
 なお、「端末証明書発行」はシマンテック社と、「サイバー攻撃検知・分析」に関してはシマンテック社などセキュリティベンダー各社との協業により展開する予定。
 同社製品では、“IP-PBX”や“監視カメラ”から展開を図る。
 将来的には、ネットワークへの接続機会が飛躍的に増大することが予想される、自動車産業、物理セキュリティ業界、エネルギーマネジメント業界、医療業界等の各種機器に対しても積極的に展開し、業界の課題解決に貢献するとのこと。   

パナソニック(株)
http://panasonic.biz/

2015年10月13日発信

 
 
会社案内お問い合わせ