日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

クラウド型紛失防止セキュリティソリューションを提供開始
人に起因して発生するミスを防ぐ「起こるものを前提とした対策」

 (株)日立システムズエンジニアリングサービスは、クラウド型紛失防止セキュリティソリューションの販売を開始する。
 同ソリューションは、重要書類の入った鞄等の「人に起因して発生する」盗難・紛失事故に着目し、紛失防止対策に利用できるシステムを短期間かつ低コストで提供する。
 「電車内の棚に鞄を置き忘れ」「泥酔による置き引き」「紛失」などによる情報漏えい事故が後を絶たない。
 2014年上期の企業における被害動向(企業における最新の被害動向 平成27年2月2日NPO 日本ネットワークセキュリティ協会)では個人情報漏えいの原因の40%近くが紛失・置き忘れによるもの。
 「ちょっとした不注意」でも情報漏えい事故は企業のブランドイメージを大きく低下させ、顧客離れなど経営に与える影響は計り知れない。
 また、一連の事故は人に起因して発生するミス(ヒューマンエラー)であり、「起こることを前提とした対策」を講じる必要がある。
 昨今、Bluetooth Low Energy(以下、BLE)による近距離無線技術を用いた機器を活用した、位置情報取得などを行うさまざまなサービスが普及している。
 同社は、これまでBLE を活用した物品管理、位置管理を得意分野とし、多くのユーザーの作業効率向上に貢献してきた。
 またBLE による近距離無線技術を用いた物品管理システムで特許を取得(特許NO:5478921)。
 これまでの位置情報技術を生かし、情報漏えいに関わる課題を解決するため、紛失防止を狙いとしたクラウド型紛失防止セキュリティソリューションの販売を開始する。
 具体的には、ビーコンを鞄、ノートPC などに取り付け、あらかじめスマートデバイスに設定した距離から離れた時点で、スマートフォンにアラームとバイブで通知する。
 また特長としてアラーム通知と同時に紛失時点の位置を管理者など第三者宛にメール通知し、万一アラームに気づかない場合でも紛失した時刻と場所が確認できる。
 同製品を利用することにより、企業全体として重要書類の入った鞄等の紛失防止に取り組むことが可能となる。
 今回、製品提供に先立ち、お試し版を配布する。  ビーコンとAppStoreより専用アプリ(一部制限あり)をダウンロードし試すことができる。

◆クラウド型紛失防止ソリューションの特長
・紛失場所を地図で確認できるので捜索に役立つ。
・企業や自治体の体制に合わせ、管理者を置くことで組織全体での管理ができる。
・監視時間(秒)と監視距離(m)を設定可能。
 普段の行動範囲に合わせた調整ができる。
 また、通知曜日を設定することで、休日などを通知対象から除外できる。
・管理者など第三者宛にメール通知ができる。 

(株)日立システムズエンジニアリングサービス
TEL 045-228-4230
http://www.hitachi-systems-es.co.jp/

2015年10月19日発信

 
 
会社案内お問い合わせ