日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

ワイヤレスを活用した予知防犯対策工場をモデル化 
ダブルセキュリティで侵入を防ぐ効率的な外周対策が実現

 日本電業工作(株)は、日本防犯学校の梅本 正行学長監修のもと、これまで培ってきたワイヤレス技術をセンサやカメラと組み合せて、埼玉県坂戸市の自社工場を予知防犯監視ソリューションとしてモデル化した。
 昨今、大規模な施設や工場などでは自動警備システムの導入により無人化警備を行っている企業が多くなってきている。
 しかしながら最近の犯罪手口は巧妙化し監視システムの盲点を突く犯罪が起こっており、工場から数トンもの鉄材が盗まれたり、ソーラーパネルがトラック数台分盗まれるなど、防犯対策に対する重要度、システム見直しの意識が高まっている。

◆ソリューション詳細
・防犯カメラ照明灯による入口ゲート監視
 シンボリックな防犯カメラ照明灯は、ソーラーパネルによる完全自立運用が可能で、通常時は車両や人物の監視を行うことができるシステム。
 また長距離無線LANを利用して監視カメラ映像や各種センサデータをリアルタイムで無線伝送し、離れた場所にある監視ルームにて周辺の状況を常時監視することができる。
 これにより、従来の守衛棟が入口付近にあり守衛員が常駐しているのと同じ機能を無人で実現することができる。
 また、オプションによりWi-Fiアクセスポイントとして周辺を数百メートル単位でエリア化することもできる。
・赤外線センサとマルチカメラ監視miniとのダブルセキュリティによる外周監視
 赤外線センサとカメラ一体型無線装置により外周からの侵入の検知とカメラ 撮影、威嚇行動(照明・赤色灯の点灯・音声による威嚇)や遠隔地への無線によ る発報など、一連のシステムで安易に構成することができる。
 監視カメラは、センサが反応した場所に瞬時にオートフォーカスする機能を持っているため、平常時には人や車がある駐車場に画角を向けて悪戯を監視、緊急時には人通りの少ない不審者侵入エリアの撮影と1台2役の効率的な監視ができる。
 また、低消費電力での運用が可能なため、ソーラーパネルを利用した完全自立運用で簡単構築ができるシステム。

日本電業工作(株)
http://www.den-gyo.com/

2015年10月19日発信

 
 
会社案内お問い合わせ