日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

出口対策ニーズの高まりに応えて
ウィルス拡散防止セキュリティアプライアンス「SubGate」の新モデル発売

 韓国ハンドリームネットの日本法人であるハンドリームネット(株)は、ウィルスの拡散を防止するセキュリティアプライアンス「SubGate(サブ・ゲート)」の最新版「SG2200シリーズ」を発表した。
 「SubGate」は、ウィルス感染活動に特徴的な通信の振る舞いを瞬時に検知するセキュリティアプライアンスに、L2(レイヤー2)スイッチ機能を搭載しており、クライアントに最も近いLANスイッチで疑わしいクライアントを自動的に遮断し、ウィルスのLAN内拡散を防ぎ、感染したクライアントからの情報漏えいを防ぐ。
 「SubGate」は、2010年から日本市場で販売を開始して以来、2,900台を導入している大手キャリアをはじめ、企業、工場、大学などを中心として約4万台の導入実績があるが、アンチウィルスソフトなどでウィルス対策を万全に講じていたはずの大手企業や政府機関の情報漏洩事件が相次ぎ、サイバー攻撃対策は、従来の「侵入防止」から、「侵入後の拡散防止」や「二次被害対策」に比重をシフトするべきであると認識され始め、マイナンバー制度の施行に伴い、その傾向はますます高まっている。
 今回の新製品は、そうした動向に応えて市場に投入するもので、通常のLANスイッチと同様に簡単に導入でき、ウィルスを自動検知、自動分析、自動遮断できる「SubGate」の販売をさらに強化する。
 新しい「SG2200シリーズ」は、スイッチチップなどに汎用性の高い部品を採用したことで、安定供給と高品質確保を実現しながら従来モデルと同等の価格で提供。
 新シリーズの8ポートタイプのモデルでは、スイッチング容量が20Gbpsから24Gbpsに、パケット処理能力が14.8Mppsから17.8Mppsに、それぞれ1.2倍に増強され、また、SDRAM容量は256MBから512MBの2倍に増強した。
 また、新しく、スイッチング容量40Gbps、パケット処理能力が29.7Mpps、SDRAM容量は512Mの16ポートタイプのモデルを追加した。
 また、アップリンクポートは従来のコンポ(Combo)ポートでなく、アップリンクポートをSFPポートで使用する場合は、可用ユーザポート数が2つ増える。
 LANケーブル経由で電源を供給するPoE(Power over Ethernet)を搭載したモデルでは、給電能力が既存の「SG 2000シリーズ」の2倍となり、全ポートで30W給電が可能となった。

◆既存のシリーズ(SG 2000シリーズ)との比較
・汎用部品を採用し、供給の安定性と品質を向上
・スイッチング容量、パケット処理能力、メモリー容量を増強
・最上位の16ポートモデルを追加
・アップリンクポートをSFPポートで使用する場合は、可用ユーザポートが2ポート増加
・PoE(Power over Ethernet)の1ポート当たりの給電能力が、従来の15.4Wから30Wに向上

◆「SubGate」の機能・特徴
 「SubGate」は、ウィルスやワームがクライアント端末に感染し、LAN内に入り込むことを前提として、クライアント端末に最も近いLANスイッチでウィスルを自動検知・分析し、有害トラフィックだけを遮断することで、その活動を最小限に抑える。  また、クライアント側にインストールするアプリケーションによる拡散防止・二次被害対策と異なり、ユーザの利用環境に影響を与えない。
 さらに、サポートが終了したOSを搭載するクライアント端末や、スマートデバイスなどの新しいタイプのクライアント端末が接続された場合でも、問題を即座に検知して対応できる。
 検知テクノロジーは、L4トラフィックの振る舞い検知型で、シグネチャやパターンファイルに依存しないため、ゼロデイ攻撃でも感染の拡大を抑制可能で、アンチウィルスでも止められない情報漏洩の前兆であるスキャニング、情報取得や盗聴によく使われるARPスプーフィングなどを遮断できる。
 また、通常のLANスイッチと同様に簡単に導入でき、検知、分析、遮断、解除は全て自動で行われ、面倒な設定や運用管理も不要。
 さらに、付属の管理ツール「Visual Node Manager」により、例えばどの端末からスキャンしているか、DOSやDDOS攻撃がされているかなど、どこで何が起こっているかをリアルタイムに発見し把握可能であり、管理者にメール通知する。  

ハンドリームネット(株)
http://www.handreamnet.jp/product/

2015年10月19日発信

 
 
会社案内お問い合わせ