日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

従来型の対策では検知・防御が困難なサイバー攻撃に対応する
「標的型攻撃対策サービス」を提供開始 

 三菱電機インフォメーションネットワーク(株)は、近年被害が拡大している「標的型攻撃」への対応のため、提供中のマネージドセキュリティーサービスのメニューを拡充し、SIEMを活用した「標的型攻撃対策サービス」の提供を開始した。
 標的型攻撃は、近年ますます高度化・巧妙化しており、従来のウィルス対策ソフトウェアだけでは対処が難しい状況となっている。
 企業においても、標的型攻撃に対する意識が高まっているが、対応には高度な知識や技術が必要となり自社で対策を実施するのは困難。
 同社は今回、Proxyサーバーのログの分析により標的型攻撃を検知するサービスを開始した。
 同サービスにより、ユーザー環境への標的型攻撃を早期に検知し、その後のインシデント対応を支援することで、ユーザー環境のセキュリティー維持に貢献する。

◆新サービスの特長
 標的型攻撃を24時間体制で監視することで、インシデント発生時は即時に対応を開始しユーザー運用負荷の軽減を実現する。
1.高度な標的型攻撃に対応
・SIEMを利用したセキュリティーログ分析により、検出・防御が困難な標的型攻撃に対応。
・三菱電機情報技術総合研究所の研究成果を活用し、SIEMに独自のログ分析ルールを設定。
・標的型攻撃のさまざまな活動に対して、入口から出口に至るまでを幅広くカバー。
2.15年以上のセキュリティー運用実績に基づくサービス
・15年以上のセキュリティー運用の経験を基に高品質なサービスを提供。
・経験豊富な専門セキュリティー要員が24時間・365日体制でお客様の対応を支援。
3.新規設備購入の必要無くサービス導入が可能
・既存機器のログを活用するため、新規機器を導入することなくサービス導入が可能。

三菱電機インフォメーションネットワーク(株)
http://www.mind.co.jp/

2015年11月24日発信

 
 
会社案内お問い合わせ