日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

世界初!「ULMS」利用で指紋認証USBにトリプル認証暗号システム機能追加
「フィンガーセブン」、「フィンガーエイト」がバージョンアップ!

 オリエントコンピュータ(株)は、生体認証の基本である指紋認証USB「フィンガーセブン」、「フィンガーエイト」に、指紋認証USBメモリ利用で世界で初めての「トリプル認証暗号システム」を機能追加してバージョンアップした。
 マイナンバー制度も2016年からは本格的に始まり、重要なデータに対する漏洩防止対策の必要性がますます高まっている。
 指紋認証USBは、利便性を保ちながら、ID/PWと違い、万一紛失や盗難にあっても心配のない安全性を供給する。
 さらに最も重要な入り口の認証システムには、USBトークン機能を利用し、指紋認証、ID/PWの3つの認証で、管理ウェブサイトや重要データのファイル共有サイトへのログイン時の本人特定を行う、「トリプル認証暗号システム」を業界で初めて開発した。
 同社の指紋認証セキュリティUSB「フィンガーセブン」、  「フィンガーエイト」では、以前からUSBトークン発行機能が内蔵されており、既存のUSBトークンやスマートフォンのソフトウエアトークンの弱点である、そのデバイスまでも盗まれてしまったらどうするのか、というリスクにも対応してきた。
 これまでは、あくまでもUSBトークン単体でのセキュリティ対応であったが、今回、金融機関やファイル共有サイト、クラウドサーバーを含む重要なウェブサイトへのアクセス時に、指紋認証、USBトークン、そしてID/PWの3つで総合的な認証を、指紋認証USBソフト単体で行うことが可能な「トリプル認証暗号システム」を追加した。
 クラウドサーバーへのアクセス途中や、オンプレミスサーバーへのアクセス時に安全なセキュリティ認証を実施する。
 この機能では、アクセス時に、認証情報を盗まれる心配がなくなる。
 また、何らかの方法でID/PWが盗難にあっても、窃盗者からのデータ複合化は勿論、データアクセスは出来なくなる。
 バージョンアップした「ULMSセキュリティシステム」「フィンガーセブン」、 「フィンガーエイト」では、さらに、ユーザごとの利用時間設定管理も可能になっている。
 また、USB管理者が変わる場合に、より簡単な設定バックアップやインポート機能も追加して、利便性を追加した。
 Windows OSログイン後にすぐにスクリーンがロックされるUSB認証ドングル機能(USBキー機能)も更新されてより便利になっている。

オリエントコンピュータ(株)
http://www.orient-computer.co.jp

2015年12月14日発信

 
 
会社案内お問い合わせ