日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

高録画レート、HDMIモニター出力端子搭載の新シリーズ
利便性を向上した新デジタルディスクレコーダー 3機種を発売

 パナソニック システムネットワークス(株)は、映像セキュリティ関連製品として、デジタルディスクレコーダー 3機種(16入力、8入力、4入力)を2015年4月と8月に発売する。
 新製品のデジタルディスクレコーダーは、接続するアナログカメラの入力数に応じて、16入力・480ips、8入力・240ips、4入力・120ipsと、各機種とも全ての録画解像度 (CIF:320×240, Half D1:720×240, D1:720×480) において、カメラ 1台あたり最大 30ipsの高フレームレートの記録が可能なほか、各製品とも新たにHDMIモニター出力端子の搭載などにより使いやすくなっている。
 ネットワークカメラ(IPカメラ)の需要が伸びる中、映像の遅延が発生しないといった利点や同軸ケーブルで100m以上の距離を中継なしで配線できるなどの利便性から、アナログカメラによる映像セキュリティシステムは依然として根強い需要がある。
 一方で、アナログカメラのレコーダーは、D1 (720×480) など高い解像度の画像を記録する場合には、H.264などの画像圧縮を行う際、フレーム数を若干減らして記録する場合もあった。
 このような中、同社は、D1 (720×480) の高解像度においてもカメラ 1台あたり最大 30ipsの高フレームレートの記録が可能なほか、各製品とも新たにHDMIモニター出力端子の搭載した新製品を開発した。

◆主な特徴
・カメラ 1台あたり30ipsの高フレームレート録画に対応
 新製品のデジタルディスクレコーダーは、16入力・480ips、8入力・240ips、4入力・120ipsと、各機種とも全ての録画解像度 (CIF:320×240, Half D1:720×240, D1:720×480) において、カメラ 1台あたり最大30ipsの高フレームレート記録に対応している。
 動画圧縮方式 H.264で高録画レートに対応していることにより、なめらかな動画の記録と再生が可能。
・HDMIモニター出力端子搭載などで利便性を向上
 新製品のデジタルディスクレコーダーは、いずれもHDMIモニター出力端子を搭載しているので、市販モニターに対し1本のケーブルで映像及び音声を出力でき、Full HD解像度 (1,920×1,080) の見やすい画面での操作が可能。
 また、市販のマウスを接続するか、本体前面の操作ボタンにより、簡単に操作できる。
・多彩な画面表示モードを搭載
 同製品と接続するモニター画面上には、選択したカメラを全画面表示するほか、多画面表示も可能。
 ピクチャインピクチャ(PIP:全画面表示の画面内への小ウインドウ表示)、2×2画面、1(大)+5、1(大)+7、3×3、4×4など、利用するカメラの機種により利用できる表示画面のバリエーションも広がる。
 さらに、メインモニターとともにBNCコネクタにスポットモニターを接続できる。
 メインモニターとスポットモニターとで個々に「全画面」・「多画面シーケンス」の表示モードを変えることもできるなど、多彩な画面表示モードを搭載している。
 小売店などの場合、店頭にはスポットモニターでシーケンス表示を行いながら、事務所ではメインモニターで画面を切り換えながら確認するといった活用が可能。
・ウィザード型式による 「らくらく設定」で、手軽に導入可能
 新製品のデジタルディスクレコーダーでは、3機種とも共通のGUIを採用しており、操作感を統一している。
 ウィザード型式により日付、録画、ネットワーク設定などを簡単に設定できる「らくらく設定」を採用しているので、システムの導入時に手軽に対応でいる。
 また、4入力タイプのWJ-HL204Bは、幅22cmのコンパクト設計で、小売店やマンションなどの省スペース設置に適している。

  パナソニック システムネットワークス(株)
お客様ご相談センターTEL 0120-878-410

http://panasonic.biz/security/

2015年3月16日発信

 
 
会社案内お問い合わせ