日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

東急セキュリティ 侵入検知サービスを開始
新たな防犯サービスの提供、安心・安全な街・沿線の価値向上へ貢献

 東急セキュリティ(株)は、2014年4月に開所した『東急セキュリティ 画像監視センター』に、パナソニック システムネットワークス(株)の画像解析システムを活用した侵入検知機能を追加した。
 これにより東急セキュリティは、2015年3月より『東急セキュリティ オンライン画像監視サービス』に『侵入検知サービス』を新たに追加し提供を開始した。
 『東急セキュリティ オンライン画像監視サービス』は、最大10,000台の監視カメラを集中監視でき、大容量画像の集中記録や保管を実現し、効率的な画像監視・管理を可能としている。
 これに加え、東急セキュリティが新たなサービスとして提供を開始する侵入検知サービスでは、カメラに搭載された侵入検知機能(あらかじめ定めた検知範囲内に人物が侵入した場合、画像解析技術を活用し、異常検知信号を東急セキュリティ画像監視センターへ自動で通知する機能)により、異常が認められた場合には警備員が異常箇所へ迅速に駆けつけるなどの対応をする。
 これにより、侵入を制限している箇所や、夜間時に人の立ち入りを禁止している箇所において、更なる警備レベルの向上を図る。

◆侵入検知サービス提供イメージ
 
 あらかじめ定めた防犯カメラの検知範囲内に人物が侵入し異常を検知した場合(@)、異常検知信号を東急セキュリティ画像監視センターへ自動で通知。
 その映像を確認(A)し異常が認められると、最寄りの警備員待機所へ連絡を取り(B)、警備員が異常箇所へ迅速に駆けつける(C)などの対応をする。
 また、オプションで現地に対して、遠隔での音声威嚇や相互通話する機能を追加することが可能。

  パナソニック システムネットワークス(株)
http://panasonic.biz/solution/

2015年3月30日発信

 
 
会社案内お問い合わせ