日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

ケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム「ワイヤレスリンク23G」

 京セラコミュニケーションシステム(株)のケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム「ワイヤレスリンク23G」を、(株)シー・ティー・ワイがBCP(事業継続計画)強化を目的に導入した。
 (株)シー・ティー・ワイは、有線テレビジョン放送事業や電気通信事業などを展開する地域密着のケーブルテレビ局で、四日市市、いなべ市、桑名市長島町、三重郡菰野町、桑名郡木曽岬町の住民の約160,000世帯(加入率94%)に、多チャンネル放送、インターネット、固定電話、緊急地震速報サービスなどを提供している。
 本社は四日市市内の沿岸部に位置している。
 東日本大震災を契機に津波や洪水など災害対策の必要性を実感し、被災時でも地域住民への情報提供ができるよう、幹線伝送路の二重化などケーブルネットワークの強靭化に取り組んできた。
 そしてその一環として、本社にあるヘッドエンドからサブセンターまでの幹線ケーブルが断線した場合に備え、京セラコミュニケーションシステム(株)の「ワイヤレスリンク23G」を活用した無線のバックアップ回線を整備することを決断し、シーキューブ(株)を通じて2015年2月に導入した。
 「ワイヤレスリンク23G」は、23GHz帯の周波数を利用した小型・軽量のケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム。
 離島への海底ケーブル、橋梁部分や山間部などに敷設されたケーブルが多重化されていない場合、被災時の復旧に時間がかかることが想定される。
 同システムは災害時に被災したケーブルテレビ伝送路の応急復旧や、既存伝送路の多重化によるネットワークの強靭化など、ユーザーの目的に応じて固定型または可搬型で利用できる。

  京セラコミュニケーションシステム(株)
TEL 0120-911-901

http://www.kccs.co.jp/

2015年4月20日発信

 
 
会社案内お問い合わせ