日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

世界最高水準400ギガビット伝送のフィールドトライアルに成功 
既設100G光伝送網で現行の4倍の高速通信を低コストで実現可能

 日本電信電話(株)とNTTコミュニケーションズ(株)は、通信品質の劣化要因となりうる高い偏波モード分散を有する敷設分散シフトファイバケーブルで構成された既設100G光伝送網に、1チャネルあたり400Gの光信号の増設・減設を実施し、100G光信号に影響を与えることなく、400G光信号の安定した長距離伝送が可能であることを確認した。
 同実験においては、世界最先端の波形歪み補償技術を活用した400G高度デジタルコヒーレント光伝送技術を適用し、同社従来技術と比べて大幅な高性能化もあわせて確認した。
 同実証実験に基づき、既設の100G光伝送網を活用しつつ、400G光信号を増設することにより、光回線容量を現行の4倍に増大することができ、東京オリンピック・パラリンピックの開催に向けた4K/8Kの高解像映像配信の普及やIoTの爆発的拡大に伴う大容量トラヒックの流通に資する世界最高レベルの基幹網の経済的な構築が実現可能になる。

◆実験の成果
 以下の結果から、運用中の100G光伝送システムに対して、400G光伝送技術の追加適用が可能であることを確認した。
・既存の光伝送システムで100Gと400G波長の同時伝送に成功
 既設の100G光伝送システムと同等の波長間隔において、既設100G光信号の400G光信号による伝送品質の影響ならびに、400G光信号の100G光信号による伝送品質の影響はそれぞれないことを実験的に確認した。
 特に影響が懸念される400G波長増設・減設時においても他の光信号への影響がないことを確認した。
・世界最先端の高度デジタルコヒーレント光伝送技術による長距離伝送の実証に成功
 400G光信号の光ファイバ伝送に伴う波形歪みを補償するため、回路実装可能なデジタル逆伝搬信号処理技術を適用することで、非線形光学効果による波形劣化の影響を低減すると共に、高性能な誤り訂正技術を併用することで、同社従来技術と比較して約2倍の高性能化を確認した。
 これは、高い偏波モード分散を有する同フィールドトライアル実験環境下において、750km以上の伝送が可能なことを示す。
 なお、同実験の一部は総務省の委託研究「超高速・低消費電力光ネットワーク技術の研究開発」を受託し進めている毎秒400ギガビット級の高度デジタルコヒーレント光伝送技術ならびに情報通信研究機構の委託研究「光トランスペアレント伝送技術の研究開発(λリーチ)」の技術を利用している。

  日本電信電話(株)
NTTコミュニケーションズ(株)

2015年4月20日発信

 
 
会社案内お問い合わせ