日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

日本IBMとの協業により、監視カメラや業務用無線機器とIVA技術を連動した
「インテリジェントセキュリティシステム」の受注活動を開始

 (株)JVCケンウッドは、日本アイ・ビー・エム(株)との協業により、同社の監視カメラや業務用無線機器と日本アイ・ビー・エムが有する画像解析技術「IVA(インテリジェント・ビデオ・アナリティクス)」を連携することで、犯罪の抑止から特定した人物や挙動不審者などの検出まで、幅広い監視を実現する「インテリジェントセキュリティシステム」の要素技術の開発を完了し、受注を開始した。

◆市場背景と「インテリジェントセキュリティシステム」の概要
 同社では、市場縮小が続く民生事業から今後の成長が期待されるカーエレクトロニクス事業や業務用(B to B)事業へ、また既存事業から次世代事業へと社内リソースのシフトを進めている。
 その中で、監視カメラ分野事業は、国内の電気設備や娯楽施設などの市場で高いマーケットシェアを有しており、人々の「安全・安心」を確保するための「犯罪抑止に最も効果的」とされる「防犯カメラ」として、夜間での鮮明画質や操作性、屋外設置性などが高く評価されている。
 また、2020年の東京オリンピックに向けて、関連設備のセキュリティへの関心が高まっており、今後の市場拡大が見込まれる。
 今回、日本アイ・ビー・エムとの協業により実現した同システムは、同社が長年培ってきた監視カメラや業務用無線機器と日本アイ・ビー・エムが提供するIVA技術を連携することで、異常検出の業務を無人化し、監視員や警備員の業務効率向上をはかれるだけでなく、映像から目的画像を抽出する時間を短縮することを可能とした。
 監視カメラで撮影したリアルタイム映像および記録媒体に保存した記録映像に対して、IVA技術で画像解析することにより、特定の色や大きさ、人物、車両などを抽出し、異常が発生した場合には業務用無線機器などを通じて即座に警備員へ伝達できる。
 これにより、システムの規模に合わせた犯罪の抑止から、徘徊人の検出、泥酔者のホームからの落下防止など、幅広いニーズに対応する監視システムを提供することが可能となった。

◆「インテリジェントセキュリティシステム」の強み
・イブ監視の24時間監視を実現
 画像解析システムによる目的対象映像の検出設定をすることで、自動監視を行うことが可能。
・監視品質の向上
 同システムによる映像の検出および報知機能を用いることで、集中力の低下や人的人員ミスによる未検出などの不確実性を排除することが可能。
・無人化を実現
 常に映像を確認する監視員を配置しなくしても、自動検出機能に連動した報知システムを構築することで、画面監視員の無人化に貢献できる。
・記録画像の抽出時間大幅短縮
 異常が発生した場合、記録した監視カメラ画像を再生して探す作業が発生する。
 場合によっては、数日間検出作業を要することもあり、作業の不確実性が高まる恐れがある。
 同システムでは、画像解析システムで検出することにより、短時間で目的の画像を抽出することができる。
・システム規模によらず費用対効果が算出しやすい
 同システムでは、小規模な監視カメラシステムから市中の見守り監視カメラのような大規模システムまで、同一コンセプトでシステム拡張ができ、監視員の人員増を回避する改善効果にも繋がり、設備投資に対応した効果が明確に算出できる。
 システム拡張は、既設システムに対しても投資金額を最小に抑えたシステム提供が可能となる。

  (株)JVCケンウッド
TEL 045-443-3065
http://www.jvckenwood.com/

2015年5月11日発信

 
 
会社案内お問い合わせ