日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

高音質で安定したデジタル通信を簡単に実現する
1.9GHz帯 デジタルワイヤレスマイクシステム 6製品発売

 パナソニック システムネットワークス(株)は、サウンドシステム関連製品として、1.9GHz帯 デジタルワイヤレスマイクシステム 6製品を2015年7月に発売する。
 新製品の1.9GHz帯 デジタルワイヤレスマイクシステムは、他の通信帯域のワイヤレスマイクや赤外線ワイヤレス通信などと比較して、より安定した高音質でのデジタル通信が可能。
 また、自動電波干渉回避機能の搭載により、電波干渉が発生しても安定した通信を継続する特長も備えている。

◆主な特長
・デジタルならではのクリアで安定したワイヤレスマイク拡声
 同システムは、DECT機器専用の1.9 GHz帯 (1893.5 MHz - 1906.1 MHz) におけるデジタル通信方式を採用している。
 デジタル通信のためアナログ通信と比べてノイズが混入しにくくクリアな通信が可能。
 また、1.9 GHz帯は、2.4 GHz帯など他の周波数帯と比較して利用されている機器が少ないため、他の機器による影響を受けにくいという特長がある。
 赤外線通信のように外光による影響を受けることもない。
 このため安定したワイヤレス通信が可能。
 また、DECT機器は、電波利用料も不要。
・電波干渉に強い自動干渉回避機能を搭載
 同システムは、チャンネル使用状況を常時モニタリングしており、安全なチャンネルで通信を開始するとともに、もしも干渉が発生しても自動的に他チャンネルに回避する機能(自動電波干渉回避機能)を搭載している。
 干渉が発生してもそのまま通信を継続する他の方式に比べて、電波干渉を回避し安定した通信が可能。
 さらに、同機能の搭載により、予め機器毎に使用する無線チャンネルを決定するための、面倒なチャンネルプランシートの作成も不要。
・ID認証設定で、高い秘匿性と秘話性を確保
 アンテナステーションとマイクは、組み合わせる機器同士のボタン操作だけでID認証設定を簡単に行うことができる。
 その後、アンテナステーションとID認証設定したマイクだけで暗号化された通信を行うので、800 MHz帯、300 MHz帯などのアナログ通信方式と比べて、システム間の混信や盗聴される心配がない。

  パナソニック システムネットワークス(株)
http://panasonic.biz/it/sound/

2015年5月25日発信

 
 
会社案内お問い合わせ