日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

日本初 民間企業主体で「全国防犯CSR推進会議」を設立 
地域の安全安心につながる防犯関連活動をネットワーク化

 防犯CSR推進準備会議に参加する民間企業は、地域の治安や防犯対策のさらなる向上を図るため、日本で初めて「全国防犯CSR推進会議」として発足した。
 日本国内の刑法犯認知件数は減少している一方で、住民が犯罪被害に遭うかもしれないと不安に感じる体感治安は依然として改善されていない。
 また、現在、一部の企業や団体では防犯に関する社会貢献活動をすでに実施、あるいは計画しているものの、その活動や実績が共有化されておらず、埋没する傾向にあるとされている。
 そのため、地域の安全を確保し、安心を醸成するために地域を構成するすべてのステークホルダーが気軽に防犯活動に参加し、自らの意思を持って行う防犯関連の社会貢献活動を持続的かつ効果的に支援することを目的として同会議の設立が決まった。
 防犯CSR推進準備会議の発足時にはオブザーバーとして警察庁と愛知県警察本部を迎え、社会貢献活動「防犯CSRという考え方」に関する勉強会を開催していた。
 そこから理解を深めた上で民間企業が主体となった「全国防犯CSR推進会議」が設立された。
 地域の安全安心につながる防犯関連活動をネットワーク化し、「みんなでまもる、みんなでつくる Safety Nippon!」をスローガンに防犯CSR活動を広くPRしていくほか、「防犯CSR推進宣言」団体の募集を行い、防犯CSR活動の推進に大きく寄与した団体・企業を表彰する「防犯CSR大賞」などの表彰制度を創設する。

◆「防犯CSR推進宣言」団体の募集
 防犯CSR活動をより一層推進するために企業や自治体もしくは5名以上で構成さ れた「防犯CSR推進宣言」を自己宣言する団体を募集している。
・応募条件:地域の安全安心につながる防犯関連活動を自発的に推進する企業、自治体、もしくは5名以上で構成された団体であること。
        (申込みに際しては所定の審査がある。)
・申込方法:全国防犯CSR推進会議のホームページより申込み。
        http://www.safety-nippon.jp/Home/Entry

  全国防犯CSR推進会議
TEL 03-5812-8802

http://www.safety-nippon.jp/

2015年5月25日発信

 
 
会社案内お問い合わせ