日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

FOR-A Post NAB 2015 開催概要
マルチビューア・ビデオスタビライザ・モニタ・超高感度カメラなど一堂に展示

(株)朋栄は、5月14日・15日の2日間、朋栄本社において「FOR-A Post NAB 2015」を開催した。  同内覧会では、米国ラスベガスにて開催されたNAB 2015に出展した新製品を中心に展示が行われ、両日とも多くの来場者で賑わった。
 朋栄は、ブレやノイズを補正する独自の技術や、監視映像や情報を見やすく表示する技術などを提供することでセキュリティの向上に貢献しており、今回の内覧会でも、豊富なラインナップを誇るマルチビューワや、カメラで発生したブレを補正することが可能なビデオスタビライザ、耐衝撃性を備えた監視用モニタ、3板式超高感度ハイビジョンカメラの暗室でのフルカラー撮影などの展示に注目が集まっていた。   

◆マルチビューワ
 今回も、「MV-4200」、「MV-1620HSA」をはじめ多数のマルチビューアが展示された。
 中でも注目を集めていた「MV-4200」は、3G-SDI (Level-A/B)、HD-SDI、SD-SDI、アナログコンポジット、HDMI、DVI、RGBHVの混在入力、非同期入力に対応、NTSCやPALなど、異なるフレームレートの混在入力にも対応しており、最大68入力が可能だ。
 また、最大8モニタで異なるレイアウトを出力でき、4系統合わせて、最大136のウィンドウを表示、最大4個の時計を表示できる等、少ない消費電力で、高いパフォーマンスを実現している。
 その他にも、"多数の映像を効率よくモニタリングしたい""PC画面も一緒にモニタリングしたい""現場の音声もモニタリングしたい""4K映像を確認したい""分割画面に時刻も表示したい""コンパクトな製品がほしい"など様々なニーズに合わせて選べるマルチビューワをラインナップしている。

◆ビデオスタビライザ
 撮影時に発生した映像のブレをリアルタイム補正可能なHD/SD対応ブレ補正装置「IVS-710HS」や、従来のビデオスタビライザの特徴であった縦・横方向のブレ補正だけではなく、回転補正にも対応し、映像を適正レベルに自動補正可能なオートビデオオプティマイザ機能を実装した「IVS-200」にも注目が集まっていた。

◆監視用モニタ
 監視用モニタとして好評のSBシリーズをはじめ、強化ガラスにより耐衝撃性を備えたNeoVシリーズ、さらには、置き場所に困らないコンパクトなモニタなど、用途に応じて選択できるモニタがラインナップされている。

◆超高感度カメラ
 (株)フローベルの3板式超高感度ハイビジョンカメラ「HBC-3600」は、最低被写体照度0.003Lxにより夜間や暗いスペースの映像もコマ落ちのないクリアな映像による撮影が実現できる他、日中でも通常のカメラとして使用できるため、24時間365日シームレスな監視が実現できるハイビジョンカメラだ。
 今回は、暗室でのフルカラー撮影の映像の鮮明さに注目が集まっていた。

◆LTOアーカイブレコーダ
 LTO(Linear Tape Open)ドライブを搭載し、LTFSを採用したメディアファイルのアーカイブレコーダである「LTR-200HS6」は、監視カメラなどの映像をLTOテープにファイル形式で記録することが可能で、素材管理情報を含めたデータの保存が可能。
 大容量の監視映像のバックアップに最適であることから、今後は、セキュリティ業界でも利活用される製品として期待されている。  

 (株)朋栄
TEL 03-3446-3121

http://www.for-a.co.jp/

2015年6月15日発信

 
 
会社案内お問い合わせ