日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
  

ケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム
「ワイヤレスリンク23G」を島根県隠岐郡海士町が導入

 京セラコミュニケーションシステム(株)は、島根県隠岐郡海士町が光ケーブル伝送路の多重化によるBCP(事業継続計画)強化を目的に、ケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム「ワイヤレスリンク23G」を導入したことを発表した。
 海士町は、日本海の島根半島から沖合約60kmに浮かぶ隠岐諸島の4つの有人島のひとつ中ノ島で、1島1町(人口約2,400人弱)の小さな島(面積33.52km2、周囲89.10km)。
 海士町は大胆な行財政改革を断行するとともに、「ないものはない」のキャッチフレーズを掲げ持続可能な島づくりを目指すため、地域資源を活用した産業振興戦略や、島前高校魅力化プロジェクトをはじめとする未来を支える人づくり(教育)にも着目するなど、日々島おこしに奮闘している。
 そのような中、情報通信分野では隠岐諸島内でいち早く町内全域全戸に光ケーブルを敷設し、インターネットやひかり電話などの通信環境のみならず、町独自のケーブルテレビ放送局「あまコミュニティチャンネル」も立ち上げ、さまざまな情報を提供している。
 海士町では2011年に完了した光ケーブルの敷設により住民の利便性は向上した。
 しかし、光ケーブルの幹線上には土砂崩れ危険区域に指定されている箇所があり、中でも崎地区と多井地区は地上波テレビ放送の難視聴地域で、ケーブルテレビへの依存度は高く、断線した場合重大な支障が想定される。
 そこで、現在のヘッドエンド設備から唯山無線中継所を経由して、崎地区、多井地区への無線によるバックアップ回線の整備を検討し、NTTビジネスソリューションズ(株)の受注事業によりの京セラコミュニケーションシステム「ワイヤレスリンク23G」を導入、2015年3月より稼働を開始している。
 「ワイヤレスリンク23G」は、23GHz帯の周波数を利用した小型・軽量のケーブルテレビ応急復旧・強靭化無線システム。
 離島への海底ケーブル、橋梁部分や山間部などに敷設されたケーブルが多重化されていない場合、被災時の復旧に時間がかかることが想定される。
 同システムは災害時に被災したケーブルテレビ伝送路の応急復旧や、既存伝送路の多重化によるネットワークの強靭化など、ユーザーの目的に応じて固定型または可搬型で利用できる。  

◆「ワイヤレスリンク23G」(固定型)導入イメージ

  京セラコミュニケーションシステム(株)
http://www.kccs.co.jp/eng/wireless-catv/index.html

2015年6月8日発信

 
 
会社案内お問い合わせ