日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

指紋認証技術を利用したUSB型ハードウェア暗号器「BEncryptor(仮称)」の開発に着手
クラウドサーバーに安心してデータを保存

 エムコマース(株)は、クラウドサーバーや共有サーバーに安全にデータを保存・共有するため指紋認証AES256準拠の高速ハードウェア暗号器「BEncryptor(ビーエンクリプタ)(仮称)」の開発に着手した。
 販売開始時期は2015年10月を予定している。
 「BEncryptor」は、クラウドサーバー等を利用したデータ保存・共有を安全に実現することを目的に、専用ハードウェアによる高速かつ高度な暗号化(AES256準拠)と本人拒否率0.05%の認証精度を誇る指紋認証USBメモリ「Biocryptodisk-ISPX」の基本技術を組み合わせた製品。
 利用管理機能は機器内に搭載されており、専用ソフトをインストールする必要はない。
 「BEncryptor」内部には最大5つまでの電子証明書が格納できる。
 この電子証明書をグループ毎に共有し、個々の「BEncryptor」に格納することで、同じ電子証明書を持つ利用者間での暗号化されたデータの共有が実現される。

◆「BEncryptor」の主な特長
・指紋認証なので、パスワード認証の欠点である「なりすまし」を防ぎ、確実な本人認証が行える。
 また、パスワード失念など運用上の問題もなく、パスワード記録の紛失や盗難、ハッキングツールでパスワード情報を盗聴されることもない。
・利用管理機能は機器内に搭載。専用ソフト、ドライバ等のインストールが不要。
・専用のハードウェアにより高速な暗号化(AES256準拠)を実現。
・機器内認証のため、指紋情報はもちろん認証情報を一切PC側に送信しない。
・紛失や盗難に遭っても内部のメモリを取り出せない物理的な対策を施している。
・認証速度0.6秒。本人拒否率0.05%の認証精度でストレスを感じない。

エムコマース(株)
http://www.m-commercekk.jp

2015年7月21日発信

 
 
会社案内お問い合わせ