日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

ものづくり現場向けトラブル原因究明ツール 
「TargetWatcher」の低価格版を発売

 (株)イマジオムは、生産ラインや製造機械で発生するトラブルの原因究明に役立つカメラシステム「TargetWatcher(ターゲット・ウォッチャー)」の低価格版の発売を開始する。
 「TargetWatcher」は、生産ラインや製造機械でたまに発生するトラブルの原因を究明し、再発を防止する目的で開発されたカメラシステム。
 パソコンなど汎用のハードウェアのみで構成されているので、リーズナブルな価格で購入できる。
 ごくたまにしか起こらないトラブルを捉えようとすると、これまでは人が付きっきりで対象物を見張る方法が一般的であった。
 しかしこの方法は人に長時間の集中を強いる上、突然起こるトラブルの原因や兆候を見逃す可能性も少なくなかった。
 これに対し、ビデオカメラで対象物を撮影・記録する方法が使われることもあったが、この方法でも、結局は人が膨大な量の動画を見なければならない上、ビデオカメラにたまった動画を毎日のように取り出す作業も楽ではなかった。
 「TargetWatcher」は、用途に応じた多数のカメラを接続することができ、トラブル発生から時間をさかのぼって映像を記録することができるカメラシステム。
 そのため従来の方法では捉えることが難しかった、トラブルの原因や兆候をしっかり記録することができる。

◆低価格版の概要
 今回発売する低価格版は、従来版の機能・性能を一部制限した代わりに価格を抑えた製品。
 低価格版の発売により、「TargetWatcher」には次の二つのエディションが揃うことになる。
・U(Ultimate)エディション
 製品の内容   :以前からある従来版の「TargetWatcher」
 機能・性能の制限:同時に使うことのできるカメラの数…無制限
          同時に使うことのできるレコーダ(記録方法)の数…無制限
 価格(税抜き)  :初期 170万円〜
          2年目以降 9万円/年
・L(Limited)エディション
 製品の内容   :今回発売する低価格版の「TargetWatcher」
 機能・性能の制限:同時に使うことのできるカメラの数…2
          同時に使うことのできるレコーダ(記録方法)の数…2
 価格(税抜き)  :初期 110万円〜
          2年目以降 9万円/年

(株)イマジオム
TEL 0294-28-0147
http://www.imageom.co.jp/TargetWatcher/

2015年9月14日発信

 
 
会社案内お問い合わせ