日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

より効率的な操作・運用が可能なビデオ管理ソフトウェア
「AXIS Camera Station」の新バージョンを発表

 アクシスコミュニケーションズ(株)は、ビデオ管理ソフトウェアの新しいバージョン「 AXIS Camera Station 4.2」を発表した。
 今回のバージョンアップにおいては撮影・録画・閲覧という従来の用途からの利用シーンの拡大に対応するため、複雑な操作を排した新しい画面モードと、双方向音声に対応した製品「AXIS C3003-Eネットワークホーンスピーカー」のサポートがそれぞれ追加され、この「AXIS C3003E」を用いた音声の送信を、「AXIS Camera Station 4.2」のメニュー上から行えるようになった。
 これにより、保安担当者がカメラの映像を見ながら侵入者に警告を発することができる。
 さらに、操作に慣れていない利用者にも分かりやすいインターフェース「オペレーターモード」が新たに搭載されている。  「オペレーターモード」ではフルスクリーン画面から、ライブビュー、録画、イベントログなどの主要機能にアクセスが可能。
 同製品は2015年4月に発表されたデータ圧縮技術の Zipstreamテクノロジーに対応しており、効果的な圧縮技術でH.264と互換を維持しながら、ネットワーク映像監視システムのストレージ・帯域使用量を平均50%節減できます。
 これにより、2014年7月に発表された「AXIS Camera Station 4.0」から新機能として搭載された「AXIS M3007-P/-PV」、「AXIS M3027-PVE」の魚眼レンズによる360°によるオーバービュー映像を録画してクライアントPC側で補正表示する機能と、ビデオ動体検知をカメラ側で行う「AXIS Video Motion Detection」機能と併せて、カメラから配信される映像ストリーミングのデータ量をさらに節減し、映像監視システムの負荷をより軽減できるようになった。

アクシスコミュニケーションズ(株)
TEL 03-5937-2700
http://www.axis.com/ja

2015年9月28日発信

 
 
会社案内お問い合わせ