日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

防犯・防災に貢献するカメラシステム「タウンレコーダー」シリーズ、
通信機能内蔵機種を新発売 発表

 TOA(株)は、屋外ドームカメラ一体型レコーダー「タウンレコーダー」1機種の発売を開始した。
 「タウンレコーダー」シリーズは、カメラによる撮影機能と録画機能が一体化したカメラシステム。IP66対応の防塵・防滴筐体を採用し、直接雨がかかる屋外に設置可能。防犯カメラとして街頭の安全管理に貢献できるほか、氾濫河川の監視など防災用途にも活用可能。電源供給用AC100V配線だけで動作することから、映像信号線の敷設が困難な場所でも設置可能。撮影した映像は本体メモリーに常時録画され、有事の際は内蔵の無線LANを通してパソコン上から確認、映像の取り出しが可能。
 新機種は、1920×1080ピクセルのフルHDの高精細映像での撮影・録画に対応。小型筐体を採用し、ポールや壁面への取り付けスペースを、従来の約6割に低減した。また、カメラ本体に通信モジュールを内蔵し、本機単独でのLTE通信が可能。パソコンやスマートフォンを通して、遠隔地からリアルタイム映像を確認できるほか、同機の動作状況や状態異常を担当者にメールで通知する機能も有している。加えて、本体に音声用デジタルアンプを内蔵。別売スピーカーを接続することで、遠隔地からの音声送信にも対応。自治体の災害対策用途では、庁舎内からカメラで現地状況を確認し、音声で迅速に注意喚起を行うなどの運用が可能。
 同シリーズは、2013年10月より発売を開始した。2016年8月にはフルHD対応機種(型式:G-R201-2)へとモデルチェンジ。通信機能を有する同機の発売で、計2機種のラインアップとなった。

◆市場
 屋外駐車場、公園、交差点、通学路などの安全管理。氾濫河川、潮位監視などの防災用途。マラソンなど屋外イベントの仮設用途。

◆その他の特徴
 記録媒体として250GBのSSDを搭載し、約2週間の長時間録画を実現。映像の確認や同機の設定に無線LANを使用することから、パソコンにタウンレコーダーのSSIDが表示されないようにする「無線LANステルス機能」を装備。不正アクセスを防止。撮影機能では、3倍電動バリフォーカルレンズを搭載。パソコンから無線LANでズーム・フォーカスの調整が可能なほか、オートフォーカス機能も装備している。また、逆光でも見やすい画像を撮影する「ワイドダイナミック機能」、夜間に自動的に感度の高い白黒撮影に切り替えて撮影する「デイナイト機能」など、屋外の24時間撮影に適した機能を搭載している。

TOA(株)
http://www.toa.co.jp/

2016年11月7日発信

 
 
会社案内お問い合わせ