日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

日本小売大手イオンリテールでRFIDと棚卸用ロボットの試験導入を発表
欠品を防止し、さらなるお客様満足の向上を目指す

 チェックポイントシステムズ社(日本法人:(株)チェックポイントシステムジャパン)は、イオンリテール(株)への商品管理システムの導入およびRFID(無線を活用した個別認識技術)と棚卸用ロボットの試験導入を発表した。
 今回の導入により、同社のEAS(電子商品管理)システムは、既存のAM方式から、RFIDに拡張可能なRF方式に順次入れ替えを実施するほか、RFIDロボット(プロトタイプ)の試験導入により、在庫の精度向上とお客様満足の向上を目指す。
 イオンリテールとチェックポイント社は、アパレルサプライヤーおよび一般消費財メーカーと連携し、製造・流通段階でタグを貼付する「ソースタギング」についても取り組みを開始する。
 このプログラムでは、タグがあらかじめ取付けられた状態で店舗に商品が納品されるため、すぐに商品を陳列することができる。
 ソースタギングを通じて、店舗では在庫の可視化による業務効率向上、作業改善による接客応対への人時配分、および、お客様への接客応対向上を目指している。
 また、イオンリテールではチェックポイント社のRFIDソリューションの試験導入を開始しており、このプロジェクトは旗艦店で実施する。
 OATエンタープライズソフトウェアでの在庫管理をベースとし、精算業務と店舗出入り口の管理でRFIDの活用を開始。
 タグはRFとRFIDに対応したチェックポイント社の最新製品「UNO RF/RFID」ラベルを使用していく予定。
 このテクノロジーにより、理論上の在庫と精算済みの商品をリアルタイムで照合し、瞬時に店内在庫を把握することができる。
 精度の高い情報は、過剰在庫の削減や欠品防止、また業務効率の向上において不可欠。
 現在、RFID仕様へのアップグレードが可能なEASアンテナを導入しているため、ロス対策と在庫可視化に向けて、従来のEASとRFIDの両方のタグを使用することができる。
 また旗艦店ではチェックポイント社で初となるロボットによる在庫カウントソリューションも導入する。
 ロボットがサイクルカウント業務を自動で行うため、人為的ミスを防止し業務効率向上を目指す。
 従業員はこれらの作業から解放され、お客様のために価値のある業務を行うことができる。  

(株)チェックポイントシステムジャパン
http://jp.checkpointsystems.com/

2016年1月12日発信

 
 
会社案内お問い合わせ