日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

接近してくるドローンを検知「セコム・ドローン検知システム」発売
早期の侵入検知で迅速な対応を支援

 セコム(株)は、重要施設等に侵入したドローンを検知する新システム「セコム・ドローン検知システム」の販売を開始した。
 「セコム・ドローン検知システム」は、同社が長年培ってきた画像技術やセンシング技術を用い、複数の検知方法で24時間365日切れ目なく、侵入したドローンの迅速かつ正確な検知を実現する。
 近年、ドローンは航空撮影や災害時の調査、物資の配送などさまざまな分野での活用が期待されている。
 一方、各種施設や、多くの人が集まるイベント会場などでの落下事故等も発生しており、今後、ドローンを悪用した犯罪の危険性も懸念されている。
 このような事態に対応するため、同社では、重要施設等に侵入したドローンを自動的に検知し、リアルタイムにカメラで追跡、異常を通知する「セコム・ドローン検知システム」のサービスを開始した。
 カメラ等を搭載可能な一般的に普及しているドローンが、監視対象の半径100メートル以内の距離に接近してきた際、レーダーで自動的に検知して侵入と判断し、監視卓に飛行物体の方向と距離を表示。
 同時に、3D指向性マイクがレーダーで検知した方向の音を集音するとともに、レーダーに連動した近赤外照明付高速パンチルトズームカメラが飛行物体を自動で追跡し、ライブ映像を監視卓に表示。
 監視者はレーダー検知、音、カメラ画像により、より早く正確にドローンの飛来を知ることができる。
 「セコム・ドローン検知システム」は、侵入してきたドローンを早期に発見し、早期対処を支援するサービス。
 特に、重要施設や大規模なイベントを開催する競技場等におけるセキュリティ対策として活用できるもの。  

セコム(株)
http://www.secom.co.jp/

2016年1月18日発信

 
 
会社案内お問い合わせ