日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

増え続けるデータを簡単にバックアップ「ビジネスデータの遠隔保管ソリューション」を提供
JP1を活用し、沖縄発のクラウドサービス「ちゅらうど」にデータを遠隔保管

 日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア(株)は、沖縄県にあるデータセンタを活用したクラウドサービス「ちゅらうど」と(株)日立製作所の統合システム運用管理「JP1」を連携し、簡単にバックアップを実現する「ビジネスデータの遠隔保管ソリューション」を提供する。
 「ちゅらうど」とバックアップ管理「JP1/VERITAS NetBackup」および高速大容量ファイル転送「JP1/Data Highway」を連携させることによって、バックアップデータや拠点間で転送する大容量ファイルを沖縄県に遠隔保管することができる。
 データを遠隔保管することによって、もしもに備えるだけでなく運用コストの低減につなげることが可能。
 近年、データ量増加によるIT投資の最適化やデータ消失によるビジネス継続性確保の観点からクラウドストレージにデータを保管する要望が高まっている。
 特に、メインサイトから離れた拠点にデータを遠隔保管する需要が増えている。
 このようなニーズを受け、同ソリューションは、ビジネスで活用する膨大なデータのバックアップおよびデータを高速転送するためのしくみに加え、データを保管するクラウドストレージの提供まで、オール日立でのワンストップ対応により、簡単にBCP(事業継続計画)の対策が可能。

◆主な特長
・沖縄県の立地を活かしたサービス提供
 沖縄県は地震が少ない地理的優位性と供給電力の予備率の高さがあるため、BCPの対策としてバックアップ保管先に適している。
 沖縄県のデータセンタへデータを保管することにより、万が一の有事の際に起こり得るリスクを最小限に抑える。
 また、海外クラウドサービスと比較して、セキュリティや煩雑な利用手続き、アクセス性の観点から、国内拠点でデータを管理したいといった要件に適している。
・遠隔地でのデータ長期保管およびバックアップを支援
 同ソリューションは、「JP1」を活用し、沖縄発のクラウドサービス「ちゅらうど」と連携した遠隔地でのデータ長期保管およびバックアップを支援する。
 要件に合わせて2つのタイプのソリューションを提供している。

◆バックアップデータの遠隔保管ソリューション
 ( 「JP1/VERITAS NetBackup」 × 「ちゅらうど」 )
 「JP1/VERITAS NetBackup」 × 「ちゅらうど」 なら拠点内のバックアップでも、クラウドデータのバックアップでも、データをすべて一元管理することが可能。  導入時の負担や、運用負担を大幅に軽減しつつ、BCPの運用を実現する。
 保管したいデータの管理は拠点内のバックアップでも、クラウドのバックアップでも、すべて一元管理することができる。
 拠点内で保管したいデータは拠点内にバックアップ、BCPの対策が必要なデータは「ちゅらうど」にバックアップと使い分けも可能。
 また、「JP1/VERITAS NetBackup」の特長である重複排除機能を活用し、効率よくバックアップすることでネットワークに負荷もかからない。

◆大容量ファイルの遠隔保管ソリューション
 ( 「JP1/Data Highway」 × 「ちゅらうど」 )
 「JP1/Data Highway」 × 「ちゅらうど」 なら大容量ファイルを高速・高品質・安全に転送するだけでなく、転送したファイルを沖縄県に保管して簡単にBCPの対策が可能。
 大容量ファイルを高速・高品質・安全に転送するだけでなく、転送したファイルを沖縄県に保管して簡単BCP対策が可能。
 「転送途中の盗聴防止」、「誤送信防止」、「転送ファイルの取り消し」といった豊富なセキュリティ運用機能で情報漏えいのリスクを最小限に抑えるため、企業間の重要ファイルの転送にも安心して使用できる。
 インターネット回線を効率よく利用できるので、特殊な専用線やハードウェアは不要。  クライアント環境はWebブラウザ利用なので容易に導入することができる。
 「JP1/Data Highway」は、従来のオンプレミス型とJP1 Version11から利用可能となったSaaS型サービスの「JP1/Data Highway as a Service」をニーズに合わせて選択できる。

◆ちゅらうど
 「ちゅらうど」は、沖縄日立ネットワークシステムズ(株)が2012年7月2日から提供を開始している沖縄県に設置されたデータセンタを活用したクラウドサービス。
 日立INSソフトウェアは沖縄県外をはじめとするユーザーへのサービス拡大を加速させるため、同ソリューションと、「ちゅらうど」を含めたクラウドサービスをワンストップで提供する。

◆JP1/VERITAS NetBackup
 「JP1/VERITAS NetBackup」は小規模環境から大規模環境までサポートするバックアップ・リストア用のソフトウェア。
 データ損失のリスクを低減し、BCPの実現を支援する。
 特に重複排除機能を使ったバックアップでは9割を超える重複排除率を示し、ディスク追加(新たな投資)を極力抑えることができる。

◆JP1/Data Highway
 「JP1/Data Highway」は大容量のファイルを高速で転送するソフトウェア。
 現在、業務で扱うファイルサイズがますます増大していく傾向にあり、また情報漏えいへの対策も求められている。
 「JP1/Data Highway」はこのような要求にこたえ、大容量のファイルのセキュアなやりとりを助ける。

日立アイ・エヌ・エス・ソフトウェア(株)
TEL 045-222-6370
http://www.hitachi-ins.com/products/ins-cloud/remote.html

2016年1月25日発信

 
 
会社案内お問い合わせ