日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

カメラ機器もレンタル提供!クラウド上でカメラの録画映像を保管!
クラウド型監視カメラサービス「MORA Cloud Camera」の提供開始

 アイ・ティー・エックス(株)は、監視カメラの録画映像をクラウド上で保管するサービス「MORA Cloud Camera」の提供を開始した。
 マイナンバー制度の導入に伴い、オフィス内のセキュリティを強化したいというニーズや、食の安全に関わる「フードディフェンス」対策の為、製造ラインの監視を強化したいというニーズ、またコンビニエンスストア等多店舗業種における監視カメラの導入ニーズが高まっている。
 また昨今クラウドサービスが普及し、安価な料金で提供することが可能な状況になってきたことから、同サービスの展開を行うことになった。
 これによりスマートフォンやタブレット、PC端末等から、いつでもどこでもクラウド上の録画映像データにアクセスすることが可能になる。

◆主な特長
・機器のレンタル提供
 カメラ等の必要機器はレンタルでの提供が可能な為、初期投資を抑えることが可能。
 また機器を購入する場合やリースの場合と異なり、機器が故障した場合でも代替機を用意する。
 もちろんカメラ1台からでも対応可能。
・国内クラウド環境
 録画映像を保管するクラウド環境は、日本国内にある堅牢なデータセンター上にあるので安心して利用できる。
 災害発生時や録画装置故障時のデータ消失リスクを軽減できる。
 もちろん録画した映像データをダウンロードし、ローカルで保存することも可能。
・非常に安価なサービス料金
 クラウドの利用料金は1,000円/月〜、カメラレンタル料金は4,600円/月〜(共にカメラ1台あたり)。(税抜き価格)
・導入・運用コストの削減
 専用の録画装置を導入する必要がない為、導入費用を削減でき、また録画装置を導入した後に発生する保守費用等も発生しない為、運用費用を削減できる。
・省スペース化を実現
 録画装置や専用のモニタを設置する必要がない為、省スペース化を実現する。
・いつでもどこでも映像を確認
 スマートフォンやタブレット端末、パソコンからいつでもどこでも録画した映像やライブ映像を確認できる。
 H.264にも対応しており、フレームレートは5〜30fpsの中より選ぶことができる。

◆利用シーン
・オフィス
・コンビニ(多店舗)
・飲食店
・工場
・マンション
・工事現場 等

アイ・ティー・エックス(株)
http://moranet.jp/lp/camera/

2016年1月25日発信

 
 
会社案内お問い合わせ