日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

創造的でフレキシブルで費用対効果の高い、
多機能でコンパクトなMxDisplay+販売開始

 革新的ネットワークカメラシステムを提供するMOBOTIX AG(Langmeil, Germany) の日本パートナーであるMOBOTIX JAPAN((株)K.J.フェロー)は、MxDisplayの新型MxDisplay+の販売を開始した。

◆”壁付けスマートフォン”がよりパワフルに
 MxDisplay+は、現代のスマートフォンのように魅力的なデザインで、ユーザーはジェスチャーを使って操作することができる。
 また、MxDisplayに比べよりパワフルなCPUを搭載することで2倍のフレームレートを実現し、MOBOTIXのドアステーション(T25)とハンズフリーで全二重で話すことができる。
 それに加え、音質も改善されている。(例えば、内蔵のイコライザーと改善されたエコー/ノイズ抑制等)
 また、以前のMxDisplayでは、接続可能カメラ台数の上限が8台であったのに対し、MxDIsplay+では適用とならない。
 さらに、MxDisplay+は、3つのシグナルインプット(0-48V AC/DC)、絶縁リレーアウトプット(最大48V AC/DC、最大1A)、外部温度センサーのためのターミナルコネクター、それに2つのMxBusコネクションを持っているため、ドアコンタクト、呼び出しボタンやMxBusデバイスに接続するためのオプションを増やすことが可能となる。
 MxDisplay+は、創造的でフレキシブルで費用対効果の高い、多機能でコンパクトな基本モジュール。

◆主な特長
・ドアステーションやカメラの音声メールボックスと録画イベントの再生、イベント検索、再生機能。
・MxDisplay+から、ネットワーク内のMOBOTIXカメラやドアステーションの設定が可能となり、PC無しでカメラ設定調整可能。
・シンプルな設置、PoE、或いは標準電源ユニット(12V〜48V DC)、無線LAN接続可能。
・設定ファイルをネットワーク経由で他のMxDisplay+から転送する事ができるように、ビル内で可能な限りのMxDisplay+を簡単設定し、利用可能。

MOBOTIX JAPAN(モボティックス ジャパン)
TEL 045-227-6174
http://www.mobotix-japan.net

2016年1月4日発信

 
 
会社案内お問い合わせ