日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

アナログとネットワークの統合により 安価で高度なセキュリティを実現!
ハイブリッドな監視システムで 注目集めるエスシー

新規格の『HDCVI』関連の製品群をはじめ豊富な監視システム機器のラインナップを最大の武器とする(株)エスシー。既存のアナログカメラとIPカメラを統合したハイブリッドな監視システムの実現により、コスト負担を増やすことなく施設の安全・安心を実現できるものとして業界内はもとよりセキュリティ関連の展示会でも大きな注目を集めている。そこで今回は今後に向けたビジョンなどについて同社の代表取締役・丹羽和則氏に取材した。

設置場所を選ばず安価で 導入可能な『HDCVI』
セキュリティ業界の 新たなスタンダードとして期待

 高度なテクノロジーにより電子機器やAVシステム、デジタルサイネージのほか、映像機器ソフトや監視機器システムの設計・販売などで実績を積み重ね、全国の重要施設を中心に豊富な製品納入実績を誇る潟Gスシー。高品質かつ高いパフォーマンスを誇る監視カメラシステムなどの映像機器・システムの提案により業界でも注目の存在となっている。
 そんな同社がこれからの監視システムのスタンダードとして積極的にパブリシティを展開しているのがフルハイビジョン長距離伝送システム『HDCVI』である。
 同軸ケーブル1本でハイビジョン映像、音声、制御信号を重畳して伝送可能にするもので、新たに導入する場合に配線や施工の省力化が実現できるほか、大きなメリットとなるのが既存のアナログシステムのままで1080Pのハイビジョン画像を伝送できることにある。 「IP(ネットワーク)の場合、ケーブルを延長しても100メートルまでという大きなハードルがあり、既設の配線からの組み換えのため大掛かりな工事が必要となり導入の障害となっていましたが、3CFBなら300メートル、5CFBなら500メートルをワンスパンで延長可能となっています」
 また、非常に安価での提供が可能とコストパフォーマンスも抜群。システムの老朽化によるリプレースのニーズにも応えられるものとなっている。 「ケーブルの距離を気にすることもなく、IPに必要な専門かつ複雑な知識やネットワーク関連の設定も不要です。アナログカメラシステムと変わらないリーズナブルな予算でお手軽に高画質ハイビジョンの画質を実現できる画期的なシステムとして、お客様からは大変高いご評価をいただいています。」
 カメラのラインナップも非常に多彩となっており、プリセットドームカメラでは2メガピクセルフルHDで光学20倍ズームを実現し、壁面、天井設置のほか夜間監視も可能なIR型も用意された『HDCVI-P20』(\160,000〜)のほか、壁面設置、天井直付け、埋め込み型が取り揃えられた光学12倍ズームの『HDCVI-P12』(\141,000〜)、2.48メガピクセルフルHDのIRカメラでドーム型と屋外用が用意された『HDCVI-D2712IR/B2712IR』(\40,000〜)など、設置個所の状況に応じて柔軟に導入が可能なラインナップが用意されている。 「レジやパチンコホールなど、人物の手元の動きまで確実に捉える必要があるスペースはもちろん、昼夜を問わず長距離や広範囲の監視が必要な港湾や駐車場、ショッピングモールなどカメラからの距離が問題になるスペースにいたるまで、設置場所を選ばずお手軽に導入して頂けるのもメリットです」

段階的なセキュリティ向上 も可能、
ハイブリッドな 監視システムを容易に実現

 『HDCVI』の魅力はラインナップの豊富さや低価格、導入の容易さだけにとどまらない。最大の特徴といえるのが変換コンバータやレコーダーなどを用いることにより、既存のアナログカメラとIPカメラを統合した“ハイブリッド”な監視システムを構築できる点にある。 「HDCVI、アナログ、IPカメラと3種類の入力信号の混在が可能なハイブリッドデジタルレコーダー『HDCVI-R1600/800/400』(16ch:\132,000〜 4/8ch:\84,000〜)を使用することで、アナログのシステムのまま高画質のカメラを順次追加することでセキュリティのレベルをアップさせることが可能です」
 セキュリティへの関心の強まりもあり、不審者の顔や姿などを確実に捉えることのできる鮮明な監視画像に対するニーズが急速に高まりを見せており、メガピクセルによる鮮明な画像監視を実現するネットワーク化が進んでいる。
 その一方でセキュリティ監視用途としてまだまだ根強い存在となっているのがアナログである。機器が低価格であるほか、 「同軸ケーブル1本で映像情報を送れるほか、200〜300メートルと長距離の配線も可能なことから導入・設置が簡単なこともあり、セキュリティカメラシステムについてはアナログをメインとしているお客様が少なくないのが実情です」
 高画質の実現により監視性能を高めたい。でも、アナログからIP環境にスイッチするためにはシステムを総入れ替えする必要があり、そこまでの予算は用意できない……そんなユーザーの悩みに応えるものとしても注目を集めている。 「既存のレコーダーが故障された際にひとまずハイブリッドレコーダーを導入され、カメラを追加する際にHDCVIの機器を試しに使用してみたところ『画質が鮮明で、アナログとは全然違いますね』とその性能の良さに気付かれるお客様も少なくありません。予算や導入施設の状況などに応じて数台ずつカメラを高画質化していきたい、という段階的なセキュリティのレベルアップに対する要望にお応えすることが可能な点も、HDCVIの大きなメリットの一つです」
 ほかにもシステム構築に必要な光変換電送ユニットやHDCVIからHDMI、VGAなどへフォーマットを変換するコンバータなども用意されているため、安心して導入を行える環境が提案できるのも魅力的だ。 「ネットワーク、アナログなどそれぞれの良さを活かしつつ、あらゆる監視ニーズに対応できる使い勝手のよさについても積極的に訴えていければと思います」
 また、映像の世界で“4K解像度”が普及するなか、同社では同規格に対応した機器もラインナップ。DVR/NVRは16chで\140,000〜、4/8chで\95,000〜と安価を実現。コストを抑えながらも、映像技術の進歩に合わせてセキュリティも高めたいという要望に応えられる柔軟性の高さも同社の強みとなっている。

ショールームや展示会で
監視性能の高さを 積極的にアピール


 同社では本社オフィスの近くに製品のラインナップやシステムの効果などについて紹介を行うショールーム(東京都板橋区双葉町41-5 メゾンワールド1F)を開設している。 「『実際に画面を見ていると画像の高精細さに驚かされました』と“高画質”について改めてその素晴らしさを実感されるお客様も少なくありません。実際にその場で担当社員によりひとつ一つの製品についてご説明させていただきますので、お気軽にご連絡いただければと思います」
 最後に、2016年に向けてのビジョンについて伺った。 「業種や業界を問わず、現在もアナログカメラを使用されているお客様に向けて広くアピールしていきたいですね。実際に設置工事や機器の選定に携わる施工業者や電設関連にも、広報を強化できればと思っています。
 また、HDCVIはもちろんハイブリッドについてもその存在すらご存じでない方も少なくなく、当社の認知度もまだあまり高まっていないというのが実情です。自社サイトに製品の価格を明記することにより、性能だけでなく購入のしやすさなどを強調していくほか、インターネットでの検索による上位表示などさまざまな仕掛けを展開していければと考えています」
 セキュリティ関連の展示会にも意欲的に出展していくと語った丹羽氏。同社の今後の展開にさらなる注目が集まりそうだ。

(株)エスシー
TEL 03-6909-6442
http://www.sc-tokyo.co.jp/

2016年2月1日発信

 
 
会社案内お問い合わせ