日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

テロ対策強化に貢献する液体検査装置を発売
ペットボトルなど容器をかざすだけで中身の液体の危険性を瞬時に判定

 (株)クマヒラは、国内企業として初めて欧州民間航空会議(以下、ECAC)の認証を取得した「液体検査装置LSR−M1」を開発し、3 月に販売を開始する。
 「液体検査装置LSR−M1」は、ペットボトル等の容器に入った液体の成分を測定し、可燃物・爆発物を検知してその危険性を判定する装置で、大阪大学から技術移管を受け同社が製品化を行ったもの。
 液体検査装置に関する唯一の認証制度である欧州民間航空会議の認証を取得しており、高い検査精度が求められる空港での保安検査はもちろんのことスポーツ競技会場や音楽イベント会場等、テロ対策強化が求められる場面においても危険物の持込み防止に貢献する。
 ペットボトルやガラス瓶など透光性のある容器に対応する近赤外光センサーを搭載し、わずか1 秒〜4 秒という短時間で容器内の液体の危険性を判定する。
 また、透光性のないアルミ缶やスチール缶などの容器にも対応する特殊なセンサーも搭載しており様々な材質・形状の容器のフタを開けることなく検査が可能となった。
 小型・軽量のため持ち運びにも対応し設置する場所を選ばない。  

◆液体検査装置LSR-M1 の特長
・欧州民間航空議認証取得品
 国内企業で初めて欧州民間航空会議認証を取得。
 国際線で採用される厳しい試験基準をクリアしている。
・判定スピードの速さ
 透過性のある容器の場合、装置のセンサー部分に容器をかざすことで即座に計測を開始。
 持込み割合の高い水などの場合、約1 秒という短い時間で安全性を判定可能。
・様々な材質・形状の容器に対応
 ペットボトルやガラス瓶だけでなくアルミ缶、スチール缶、プラスチックチューブ等、多様な材質の容器にも対応するセンサーを搭載しており、これまで検査が難しかった材質の容器や透明な袋に入ったままの容器などでも検査することが可能となった。
・コンパクト・軽量
 質量7.5kg、30cm 四方に納まるコンパクトサイズで、持ち運び可能なため設置する場所を選ばない。
・国内生産
 ISO9001 認証を取得した国内自社工場で生産。
 日本全国に展開する同社ネットワークによる保守サポート体制を備えており、メンテナンス性にも優れている。

◆利用シーン
・空港、船舶、バスターミナル、鉄道などの交通機関における手荷物検査や不審物検査
・政府機関、国際会議場、エネルギー関連施設などの重要施設における保安検査
・映画館、劇場、美術館などの文化施設における持ち込み手荷物検査
・スポーツイベント、音楽イベント会場での手荷物検査  

(株)クマヒラ
http://www.kumahira.co.jp

2016年2月29日発信

 
 
会社案内お問い合わせ