日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

新しいサイバー攻撃元情報の提供を行う
DeepSight Intelligence servicesを日本にて提供開始

 (株)シマンテックは、攻撃元情報の提供を行う新サービス「DeepSight Intelligence services」の日本での提供を開始した。
 DeepSight Intelligence servicesは、Symantec Global Intelligence Networkからのテレメトリ情報と、DeepSight Intelligenceチームによる精密な解析を組み合わせ、顧客が必要とするサイバー攻撃者情報、手口、キャンペーン、被害状況まで、脅威に関するあらゆる情報を提供するサービスで、Managed Adversary and Threat Intelligence(以下、MATI)とDirected Threat Researchの2つのソリューションが含まれている。
 サイバー犯罪がより高度化、巧妙化している中にあって、企業は自社の情報資産を守るために、ネットワークやファイルベースの技術的指標だけでなく、脅威に関連する攻撃者の情報を考慮する必要があるが、多くの企業ではこのような脅威インテリジェンスを取得するための人材やリソースの確保に課題を抱えている。
 そういった課題に対し、MATI Intelligenceレポートは、サイバー犯罪やサイバースパイ行為、ハクティビズムなどの脅威に関する実用的な情報、分析に基づく現時点での考察および将来の予測を提供する。
 これにより、企業は脅威の発生前と発生後にプロアクティブな対応が可能になる。

◆DeepSight MATIの特長
・攻撃者の動向を監視することによる、脅威のライフサイクルを予測する能力(早期警戒)
・攻撃者の正体とその動機に焦点を当てる
・エグゼクティブ、セキュリティアナリスト、およびネットワーク担当者を支援するための戦略的かつ戦術的なインテリジェンス ・先行指標(遅れた指標ではなく)
・シマンテックの経験豊富なインテリジェンスアナリストのチーム

◆Directed Threat Researchの特長
・企業に固有の疑問や要望に対処する個別のレポート
・豊富な経験を利用できるシマンテックのインテリジェンスアナリストチーム
・Symantec Global Intelligence Networkから収集した知見
・モニタリングに基づいて脅威のライフサイクルを予測(早期警戒)
・経営幹部や脅威アナリスト、ネットワークセキュリティ担当者をサポートする戦略的・戦術的インテリジェンス

 MATIおよびDirected Threat Researchレポートは、DeepSight Intelligenceのポータルサイトと最近提供開始されたDeepSight Intelligence APIを通じて利用でいる。
 DeepSight APIは、情報の自動取得とセキュリティアプリを通じた利用が可能で、ポータルサイトによりセキュリティアナリストが利用しているものと同一の情報にアクセスすることが可能となる。 

(株)シマンテック
http://www.symantec.com/ja/jp/

2016年2月29日発信

 
 
会社案内お問い合わせ