日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

急速に普及が進む“4K”映像の監視に対応!
高度な映像技術で業界を席巻する朋栄

放送機器、産業用映像機器の開発・製造・販売を行うビデオ機器メーカーとして圧倒的な実績を有する(株)朋栄。映像・放送機器の開発で蓄積してきたノウハウや技術力を活かしてセキュリティ業界向けの製品も多数展開し、業界から大きな注目を集めている。2016年に向けても映像の世界ではスタンダードとなりつつある“4K”をキーワードに新たなラインナップをリリース。そこで今回は新製品や今後の展望について同社に取材した。

広範なスペースを確実に監視する
多彩な製品ラインナップ

 2016年に向けて注目されるのが同社の誇る高精細マルチビューワ『MV-4200』である。
 最大68入力、8モニタ出力を可能とした同社のフラッグシップモデル『MV-4200』は、広範なスペースの監視環境で特に実力を発揮する統合監視システムとしてすでに高い認知度を誇っている。入力信号もアナログ、SD-SDI、HD-SDI、DVI、HDMIさらには4Kの混在入力が可能で、フリーレイアウト機能により画面上に各ウインドウを自由に配置できる。出力信号はHDMI 4系統およびHD-SDI 4系統を搭載し、HDMI2.0bによる4K出力にも対応している。
 新製品として2016年に発売される『MV-1200』も注目だ。最大16入力4系統6出力のモニタリングを実現しておりHD-SDIやアナログ、HDMIなどの混在入力が可能なほか、MV-4200同様にHDMI2.0b出力による4K映像の監視にも対応する。価格もリーズナブルで導入のしやすさも特徴となっている。
 さらに、確実な監視を実現するための周辺機器も充実。HD/SD対応のビデオスタビライザ『IVS-710HS』は撮影時に発生した映像のブレをリアルタイムに補正可能。
 アナログ対応の『IVS-200』は縦・横だけでなく回転補正にも対応するほか、オートビデオオプティマイザ機能の実装により自動的に画像の明るさを補正できるため、船上監視などの特殊な環境でも力を発揮する。
 また、4K環境による監視ニーズの高まりに効果を発揮するのが『ZE-ONE』だ。4K監視の画像上でしっかりと確認したい部分を任意で切り出し、HD画質で出力できるというもの。切り出しについてもタッチパネルPCを用いることで直感的な操作が可能なほか、カクツキのない滑らかな拡大・縮小を実現しており、使用者の負担を抑えられるものとなっている。

4K映像記録を長期保存!
アーカイブの活用を 同時に実現


 “4K”解像度が監視用途でも急速に普及するに伴い、高画質のためHDDの容量がすぐに上限に達するなど、記録した映像のアーカイブが管理者の課題として浮上している。そんな市場からの声に応えるものとして同社が推奨しているのがLTOサーバ『LTS-60』である。
 LTOメディアはサイズも小さく場所を取らないほか、金融機関の預金情報のデータベースなどにも用いられるなど信頼性も高く、長期の保存に最適となっている。
 さらに、コンテンツを素早く確認するために素材ファイル管理ソフト『LTS-MAM』をセットで提案。PC画面上で低解像度映像や日時・場所などのメタ情報が同時に確認できるほか、指定した箇所をブックマークとして保存することも可能なため、問題発生時の状況確認や監視映像を証拠データとして提出する際にも重宝しそうだ。
 なお、同社では2016年3月8日から東京ビッグサイトを会場に開催される『SECURITY SHOW 2016』においても、上記の製品群を展示して来場者に広くアピールするとしている。
 映像機器専門メーカーらしく4Kへの対応にも意欲的に取り組んでおり、今後の同社の開発動向に注目が集まりそうだ。

(株)朋栄
TEL 03-3446-3121
http://www.for-a.co.jp/

2016年2月8日発信

 
 
会社案内お問い合わせ