日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

情報漏えい時の緊急対応サービスを開始
カスペルスキーとセキュリティインシデントレスポンスの分野で連携を強化

  ビットアイル・エクイニクス(株)のグループ会社であるサイトロック(株)は、セキュリティインシデントに直面した企業を支援する為のセキュリティインシデントレスポンスサービスを開始した。
 2000年からITILに準拠したITシステムの運用体制構築や金融・証券をはじめとしたミッションクリティカルシステムのリモート運用サービスを提供し、多くの企業のIT戦略を支えてきた。
 また、近年、サイバーセキュリティの分野でもセキュリティオペレーションセンターを開設し、セキュリティアナリストによる相関分析を含むセキュリティ監視サービスの提供を開始する等、セキュリティ対策ソリューションの自社ブランド「Security Solutions Suite」のラインナップを強化している。
 近年、サイバーセキュリティの脅威は社会問題化しており、その攻撃手法も高度化/複雑化する一方で、従来の防御技術では不正侵入や情報漏えいを防ぐことが困難な時代となりつつある。
 他方、セキュリティインシデントの発生を前提とした対策が早急に求められているが、多岐にわたる作業工数と高度な専門知識を要する為、一般企業の担当者だけで実現できるものではないのが現実。
 セキュリティインシデントレスポンスサービスは、マルウェアなどの脅威の特定や駆除対応を実施するとともに、セキュリティログやシステムログ及び感染端末を解析して侵入経路や感染原因を特定する「コンピュータフォレンジック」を中核とした情報漏洩対応サービス。

◆セキュリティインシデントレスポンスサービスの導入効果
・セキュリティインシデント発生時の初動体制の確立
・インシデントの原因(侵入経路など)究明による再発防止策の策定
・当該インシデントの二次感染状況の調査と対策
・最新の脅威情報の提供による高精度のマルウェア判定

◆カスペルスキーとセキュリティインシデントレスポンスの分野で連携を強化
 インシデントの調査・分析を実施するには膨大なログを調査し、侵入者が僅かに残した痕跡をたどるための高度な技術力と世界規模のセキュリティ脅威情報を収集するための情報力が必要なる。
 同社は、より品質の高いセキュリティインシデントレスポンスサービスを提供するため、世界的なセキュリティ企業である(株)カスペルスキーとのパートナーシップにより、高度なインシデントレスポンスを実行できる体制を整えた。
 インシデント分析においてカスペルスキーの上級アナリストと連携を強化するほか、様々なAPTやサイバー攻撃を調査、分析、対応の中で蓄えられたカスペルスキーのインテリジェンスの提供を受け、サービスを提供する。

サイトロック(株)
http://www.siterock.co.jp/

2016年3月7日発信

 
 
会社案内お問い合わせ