日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

法人向け暗号化オンラインストレージ「VG-Sync 2」
「新機能強化キャンペーン2016」実施

  (株)ソフトエイジェンシーは、「新機能強化キャンペーン2016」を実施している。
 VG-Sync 2 / VG-Sync 2 Pro はこれまで、セキュリティを重視したオンラインストレージとして紹介してきた。
 昨年から、セキュリティを下げずに利便性を向上しようという難しいテーマへの取り組みを強化し、ユーザロック機能やパスワード要件チェック機能を実装した。
 厳選されたクラウドインフラでのVG-Sync 2 提供も推進しており、様々な業種の導入事例もさらに増えている。
 同キャンペーンでは、有償版、無償版を問わず、新規申し込みのすべてのユーザーに、メモリカードリーダライタやQUOカードをプレゼントしている。
 また、有償版を契約のユーザーにはクレジットカード会社の商品券1万円分とワンタイムパスワードトークンのYubiKeyを1個プレゼントする。

◆キャンペーン実施要項
・名称:新機能強化キャンペーン2016
・申込期間:2016年4月1日〜2016年9月30日
・申込対象:期間中の全ての新規申込者
・「VG-Sync 2」無償版を含む全新規申込者対象キャンペーン(「VG-Sync 2 Pro」には無償版はない。)
 特典1:ELECOMメモリカードリーダライタ1個、またはQUOカード 1,000円分を全契約者にプレゼント
     持ち運びに便利なコンパクト設計のELECOMメモリカードリーダライタ「MR-A39NBK」はSDカードシリーズ、メモリースティックシリーズなど、主要なメディアがアダプタなしで読み書きできる。
     このメモリカードリーダライタを使用して、各種メモリカード内のデータを「VG-Sync 2」にバックアップすることによって、データ活用の幅がさらに広がる。
・「VG-Sync 2」有償版 及び「VG-Sync 2 Pro」新規申込者対象キャンペーン
 特典2:クレジットカード会社の商品券1万円分+「YubiKey」1個をプレゼント
     「VG-Sync 2」へのアクセスに関するセキュリティ強化目的として、ワンタイムパスワードトークン「YubiKey」プレゼントも、これまでのキャンペーン同様、引き続き今回の特典に盛り込んだ。
     「YubiKey」はYubico社が開発したUSBタイプのワンタイムパスワードトークンで、OS依存せずにワンタイムパスワードを生成し、それを自動入力することができる。
     この「YubiKey」を使用することにより、ユーザが「VG-Sync 2」オンラインストレージに接続する際にワンタイムパスワード認証を使用することができる。
      これにより、管理者は定期的なパスワード変更や、記憶の必要がなくなり、パスワードの漏洩の危険を回避できる。

◆「VG-Sync 2」「VG-Sync 2 Pro」
 「VG-Sync 2」は法人向けの暗号化オンラインストレージ。
 セキュリティを重視して、ユーザー毎に個別の仮想環境を用意し、独自開発のWebクライアントをブラウザから利用して、簡単に外部のユーザと安全にファイルの受け渡しが可能。
 「VG-Sync 2 Pro」では複数の国内の大手クラウド基盤を利用し、インフラの安定性の強化と大容量の対応を実現した。
・法人別の分離された個々の仮想環境の提供
 多くのクラウドサービスでは同一のOS上に複数のユーザーのデータを共存させているので、データの安全性に不安が残るが、「VG-Sync 2」では、ユーザーごとに個別の仮想環境を提供するので、他のユーザーとOSが完全に分離され、データの安全性が高まっている。
・日本国内のデータセンターを利用
 「VG-Sync 2」は日本国内のデータセンターで運用されており、外国の法律が適用されることはない。
・暗号化鍵の分離
 暗号化鍵はユーザーごとに管理されており、同社社員が知ることはない。
 暗号化鍵はユーザーが最初にサービスを利用するときに個別に作成されるので、ユーザーの管理のもと安全に利用が可能。
・サービスの開始権限の分離
 サービスの開始は、ユーザーの指示でのみ可能。
 つまり、もし何らかの理由でOSが再起動等をした場合、サービスは停止状態になる。
 これは仮にOSごとデータがコピーされたとしても、ユーザーの許可が無ければサービス開始ができないことを意味する。
・暗号化バックアップ
 バックアップはデータが暗号化された状態で行われる。
 仮に、バックアップデータが盗まれたとしても復号化することは困難。
・ダウンロードURL/アップロードURL
 取引先とのデータのやりとりを、ウェブブラウザのみで可能にすることにより、電子メールにファイルを添付する必要がなくなる。
・デザインカスタマイズ機能
 自社ロゴを挿入して、画面全体を会社のブランドイメージに沿った形で提供できる。
・ワンタイムパスワードの使用
 ユーザがVG-Syncオンラインストレージに接続する際にワンタイムパスワード認証を使用することができることにより、管理者は定期的なパスワード変更や、記憶の必要がなくなり、パスワードの漏洩の危険を回避できる。
・公開鍵認証による自動バックアップ
 公開鍵認証を利用した安全性の高い自動バックアップを利用できる。
 システムのバックアップを自動化さしているユーザーには非常に便利な機能。
・ISO27001(ISMS)の取得
 同社は情報セキュリティの国際規格であるISO27001(ISMS)を取得し、常に多くのユーザーからの監査を受けており、必要であればいつでも、セキュリティ監査を受ける。
・個人情報漏洩による賠償責任保険加入
 万全のセキュリティ対策をしているが、予期せぬ事態に備えて、個人情報漏洩賠償責任保険(引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)に加入している。

(株)ソフトエイジェンシー
http://www.softagency.co.jp/

2016年4月11日発信

 
 
会社案内お問い合わせ