日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

屋内の映像監視向けの、目立たない高性能な
ミニドームカメラのシリーズに、新ラインアップを追加

 アクシスコミュニケーションズ(株)は、ミニドームネットワークカメラ「AXIS M30シリーズ」において、新たに3機種のミニドームネットワークカメラを追加した。
 新モデルはHDTV画質で詳細を捉え、ワイドダイナミックレンジ(WDR)テクノロジーにより多様な光条件に対応し、さらには、同社のZipstreamテクノロジーで重要な映像の詳細を犠牲にすることなくストレージと帯域幅の使用量を削減する。
 ピント調整を済ませた状態で出荷され、3軸のカメラアングル調整機構により、壁面や天井などへの設置の際も、簡単な操作で映像の方向を適切な状態に調整することができる。
 新しい「AXIS M30シリーズ」は、手のひらサイズのコンパクトなデザインで、目立たずに屋内の設置が可能な上、周囲の環境に溶け込むよう、ドームカバーを好みの色に再塗装できる。
 「AXIS M3044-V」はHDTV 720pの映像を毎秒30フレームで提供。
 「AXIS M3045-V」はHDTV 1080pの映像を毎秒30フレームで提供し、さらにHDMI出力にも対応しているためHDTVモニターでライブ映像のパブリックビューイングを行うことができる。
 「AXIS M3046-V」は4メガピクセル解像度を毎秒30フレームで提供し、HDMI出力にも対応。
 「AXIS M3046-V」は、広い撮影エリアとデジタルPTZ機能を利用することで、バリフォーカルレンズを搭載するカメラの代用として使うことも可能。
 例えば、HDTV 1080pで水平画角95°〜125°の切り出し映像の配信が可能。  「AXIS M30シリーズ」の新しいモデルすべてにおいて、複数の独立した設定が可能なH.264とMotion JPEGの映像ストリームを提供。
 動体検知、いたずら警告、および人数カウントのような、サードパーティ製の映像分析アプリケーションにも対応している。
 縦型の映像ストリームを生成する同社のCorridor Formatなら、画像センサーをフルに活用できるため、幅の狭い階段、廊下、通路といった場所の撮影に最適。
 また、PoEによる給電をサポートしているため、データ送信と給電をネットワークケーブル1本で行うことができる。
 microSD/microSDHCメモリーカードスロットは、別売りのメモリーカードをカメラに装着してエッジストレージとしての利用が可能にする。
 高性能な新しいミニドームネットワークカメラはホテル、レストラン、小売店舗、オフィスおよび学校などの屋内での映像監視に最適。

アクシスコミュニケーションズ(株)
TEL 03-5937-2703

http://www.axis.com/ja/

2016年4月18日発信

 
 
会社案内お問い合わせ