日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

数百万台の端末のセキュリティ脅威をリアルタイムで検出・対処可能な
「Tanium Endpoint Platform」販売開始

 ネットワンシステムズ(株)は、Tanium Inc.(本社:米国)と販売代理店契約を締結し、PCやサーバ等の端末に存在するセキュリティ脅威をリアルタイムで検出して対処可能なソフトウェア「Tanium Endpoint Platform」の販売を開始した。
 近年、標的型攻撃をはじめとしたサイバー攻撃の高度化によって、境界防御だけで攻撃を完全に防ぐことは困難になっている。
 さらに、端末が攻撃を受けた際には実態把握におよそ数週間かかり、その間にも被害が広がりかねないという課題があることから、端末まで攻撃が届くことを前提とした、迅速な状況把握と対処が必要となっている。
 「Tanium Endpoint Platform」は、PC・サーバ等の端末の状態を一元的に可視化する端末管理機能と、端末を制御する対処機能で構成されるソフトウェア。
 さらに、この可視化・制御にかかる時間を、端末同士がリレー方式で情報伝達する独自技術によって劇的に高速化している。
 これらの機能によって、脆弱性等のセキュリティ脅威が放置されている端末やマルウェアに感染している端末を即座に特定するとともに、その端末を制御して安全な状態に戻すことができる。
 具体的には、検索エンジンの要領で質問を入力すると即座に該当する端末が検出され、感染端末の隔離、実行中の不審なプロセスの停止、疑わしいアプリケーションのアンインストールなど、多彩な対処が可能。  さらに、マルウェア検出時の対処のみならず、全端末のセキュリティ状態を確認して一斉にパッチを当てるなど、セキュリティ状態を高度に保つことが可能。
 さらに「Tanium Endpoint Platform」は、同社が提供するPalo Alto Networks社の次世代ファイアウォールのサンドボックス機能「WildFire」と連携し、「WildFire」が悪意ある攻撃の痕跡情報を検知すると、その情報を基に「Tanium Endpoint Platform」が自動的に端末を一斉検索することで、攻撃を受けた端末を即座に認識して対処することが可能。
 また、Splunk社のログ収集・分析・可視化製品「Splunk Enterprise」とも連携し、「Tanium Endpoint Platform」で収集した情報を「Splunk Enterprise」上で分析・可視化することで、ダッシュボード形式でのレポートや、それに基づく対処など、よりカスタマイズした形でセキュリティを強化することができる。

ネットワンシステムズ(株)
http://www.netone.co.jp/

2016年4月18日発信

 
 
会社案内お問い合わせ