日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

紙からの情報漏えいを抑止・追跡 
PC操作と印刷イメージの統合管理ソフトを発売
クライアント運用管理ソフトウェアと 印刷イメージログ監視システムを連携

 (株)QESは、Sky(株)の企業・団体向けクライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」と(株)スプライン・ネットワークの印刷イメージログ監視システム「PrintInsight」を連携したソフトウェア『PrintInsight for SKYSEA Client View』を開発し、販売を開始した。
 日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)の調査報告書によれば、情報漏えいインシデントが発生した経路は、紙媒体(印刷物)が最も多く全体の67.7%を占めている。
 現在も紙は業種を問わずどんな場面においても多用されている使用頻度の高い媒体だが、文書印刷に特化した情報漏えい対策はほとんど取られておらず、実際にどのような印刷物が出力されているかを把握している企業は僅かであるのが実態。
 マイナンバー制度の施行にともない、社内で取り扱う個人情報が今後増えていく中、印刷物のセキュリティに対するニーズはますます高まるものと見られている。

◆PrintInsight for SKYSEA Client Viewの特長
 SKYSEA Client Viewの管理画面からPrintInsightの設定、エージェント配布、ログの参照、印刷物の表示(PDF/XPS)、印刷文書に含まれるテキスト情報の取得/検索まで統合して行える製品。
・SKYSEA Client Viewで収集されるクライアントPCの操作ログに加えて、同じ管理画面上でクライアントPCから印刷したファイルのイメージや印刷データに含まれるテキスト情報を取得することができる。
・SKYSEA Client Viewの管理画面からPrintInsightエージェントの一斉配布・設定変更が可能になり、導入時の展開にかかる手間を大幅に削減できる。
・SKYSEA Client Viewの組織グループを利用することで、部門ごとに印刷イメージログ取得期間やイメージ保管フォルダを指定することができる。

◆PrintInsight for SKYSEA Client Viewの用途例
・個人情報・マイナンバー情報を保有している企業・部門
・非公開情報を取り扱う企業・部門
・SKYSEA Client Viewを導入済みの企業

◆SKYSEA Client View
 SKYSEA Client Viewは、クライアントPCをはじめ、さまざまなIT機器やソフトウェア資産を一元管理することで運用管理を支援し、より安全な情報漏洩対策やIT資産の有効活用を支援するソフトウェア。

◆PrintInsight
 PrintInsightは、印刷物の中身をそのまま保存することで、ユーザーの印刷行動を把握・監視し、印刷文書からの情報漏えいを効果的に抑止することのできる、Windows対応の“印刷イメージログ監視システム”。

(株)QES
https://www.qes.co.jp/product/construction/printinsight

2016年4月18日発信

 
 
会社案内お問い合わせ