日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

高画質録画、1台で2方向をカバー、LED照明…
街の「防犯力UP」を実現する 『安視ん君』で注目集めるプロテック

広島県福山市をホームタウンに、住宅・街頭・地域のあらゆる分野において街頭防犯で圧倒的な効果を見せている録画一体型防犯カメラ『安視ん君』の多彩なラインナップをはじめ、消防用設備や防犯システムなどの開発・提案を意欲的に展開。多くのユーザーから高い評価と信頼を獲得している(株)プロテック。今回は同社の安心・安全に対する理念のほか、最新の商品、開発動向などについて安視ん君事業部係長・杉原弘晃氏に取材を行っている。

キーワードは“防犯力UP”
地域住民の意識向上こそ重要

 1981年の創業以来、生活の基本要件である衣・食・住の「住」の空間において、「人々の生命と財産を守る」を企業理念に商品・サービスの開発を展開。次々と画期的な製品を市場に送り出すなど多くの人々の暮らしや住環境に安心・安全を提供してきたプロテック。意欲的な開発姿勢にも同社の企業理念が現れている。 「ただカメラを購入していただければいいというのではなく、“目で見る安心”も重要である、との考えが原点にあります。つまり、商品が導入された地域に住む方たちの防犯意識が高まってこそ防犯力UPにつながり、本当の意味での安心・安全が実現できるというものです」
 防犯カメラを導入しただけで満足し、安全を確保できたものと油断してしまうユーザーが少なくないという現状があるとしたうえで、 「たとえば街路灯がなかったり、電源が切れておりつねに暗所となっているような場所にカメラを設置してもあまり意味はありません。まずは自らが生活している地域において、死角となったり治安に問題のある場所はないかということを改めて確認してほしいと思います。照明の設置などで街全体を明るくするなど、課題の解決策の中に私どもの街頭防犯カメラシステムもご検討頂ければと思います」
 地域住民の防犯に対する意識が弱ければ、せっかく高機能のカメラや製品を設置してもあまり意味がない。防犯や安全に対する意識の高い地域を目指すための動機づけの一つとして、製品やシステムを提案していきたいとしている。

録画一体型カメラでは 初めてRBSSを取得
SDカードの採用で 迅速な事件解決を実現

 以上のように、メーカーという立場ながらも地域における真の安心・安全な街づくりに積極的に関与するなど、業界内においても急速に存在感を高めつつある同社。なかでも録画一体型カメラでは初めてRBSS(日本防犯設備協会が認定する優良防犯機器制度)の取得を果たしたスタンドアロン型の街頭防犯システム『安視ん君』は、これまで多くのスペースに導入され圧倒的な評価を獲得。いまも多くの施設から引き合いが寄せられている。
 100V〜240Vの電源が供給できる場所であればどこでも簡単に設置可能で、一台で撮影・録画が可能ということもあり全国各地に導入が進められているが、同社ではさらに防犯力を高めるために製品の改善・強化にも意欲的に取り組んでいる。中でも注目されるのは、200万画素という圧倒的な高画質録画を実現した『安視ん君MEGA』だ。 「メガピクセルへの対応により、走行中の自動車のナンバープレートまで確実に撮影できるため検証の精度向上が期待できるほか、壁面型と吊下型に加えて二方向型もラインナップしており、二方向の映像を同時に記録することも可能です。交差点に設置した場合には双方向の状況を同時にチェックできるため、セキュリティレベルの大幅UPが期待できます」
 近年は街頭の防犯カメラの映像記録が証拠として警察に提出されるケースが増加しており、通常は現場に直接モニターを持ち込む必要があるが、同製品では無線LANでのデータ抽出が可能な点が目を引く。 「1080P(200万画素)×秒4コマのデータ1時間分を抽出する場合、一般的なHDDであれば約30分を要するところを、わずか2分という短さで行えるほか、SDカードも記憶媒体として採用しており、長期のデータが必要であればカードを抜き出すだけで簡単にデータを確認出来るため、警察への証拠提出にも活用していただけます。迅速に検証を行えるため、スムーズな解決が期待できます」
 さらに、データもパスワード機能により保護できるなど、セキュリティ面も強化されている。かつては街中に防犯カメラを設置する場合、プライバシーの侵害を心配する声が強かったが、 「画像データを扱うのはあくまでも事件の発生時など必要なときだけになります。防犯力の向上のために設置されていることがご理解いただけるようになったことも、製品の普及につながっているように感じています」
 また、防犯設備のプロである防犯設備士がメンテナンスまで担当するなどフォロー体制も万全で、安心して導入できることも魅力的だ。 「そのほか、従来比で約50%の重量ダウンを実現している『安視ん君Mini MEGA』もご用意しています。日本の建築事情から機器の小型化・軽量化への根強いニーズにもしっかりとお応えするもので、こちらも積極的にアピールしていければと考えております」

灯り(光)+防犯カメラ(目)の 新しいフォルムで
明るく安心・安全な 街づくりをサポート!

 同社では環境や状況などを問わず、フレキシビリティな形で『安視ん君』を利用していただきたい、との思いからラインナップの拡充にも意欲的に取り組んでいる。導入される環境の事情やニーズなどに応じてあらゆるスペースに設置可能な、移動式の『“どこでも” 安視ん君』をリリースしており、こちらも注目を集めている。
 200万画素の高画質録画が可能なほか、機器に搭載した太陽光パネルによる電力により自律的に動作でき、商用電源を一切必要としないのも大きな特徴となっている。2年前に広島で発生し多くの被害をもたらした土砂災害など、被災地での安全確認においても大いに実力を発揮しており、 「設置された方が広島市長や広島県警本部長から表彰を受けるなど、公的にもその効果を認めていただいています。移動が容易なため短期間でのレンタルという用法も可能で、工事現場やイベント会場など活躍の場も広く、今後ともアピールしていければと思います」
 なお、昨年9月に発生し甚大な被害をもたらした関東・東北水害における鬼怒川の氾濫の際にも効果を発揮するなど、災害の多い我が国において大きな威力を発揮することが証明された。
 たった1台導入するだけで周辺地域の防犯に大きな効果をもたらす『安視ん君』だが、さらに活用の場を広げるべくブラッシュアップに余念がない同社。前述のように暗所は犯罪の温床にもなりかねないことから、“安視ん君は更に進化、NEXT STAGEへ”とのフレーズの元、通常のLED防犯灯に防犯カメラを付与できる製品を新たに開発している。 「“防犯+灯り”によりさらに防犯力を高めることが可能となりますので、『安視ん君』とともにご提案していければと考えています」
 『SECURITY SHOW2016』と同時に開催される『LED NEXT STAGE 2016』ではその新商品をお披露目するとしており、 「『防犯力UP』をキーワードに、防犯のプロである防犯設備士による安心・安全な街づくりのご提案も合わせて行う予定となっています。ぜひとも当社ブース(LD2024)にお越しいただければと思います」
 こちらにも合わせて足を運んでいただき、製品の威力や同社の想いを感じ取っていただきたい。

(株)プロテック
TEL 084-943-6444

http://www.pro-110-119.jp

2016年4月25日発信

 
 
会社案内お問い合わせ