日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

教育現場のセキュリティの常識を変える
半田市内小学校で見守りサービス「スクールプラン」 実運用体験版の配布を開始

 加藤電機(株)は、GPSを利用せずに正確な居場所を捜索できるSANフラワー見守りサービスから小中学校向けの見守りサービス「スクールプラン」をこの春から小学校に通学する児童の安心と安全の向上のため、小学校への実運用体験版の無料配布を開始した。
 子供の連れ去りなど卑劣な犯罪が後を絶たず、子供の安全対策は地域社会における重要課題のひとつであることから、子供の防犯対策として、同社本社がある半田市内の小学校3校の協力を得て、登下校チェックなどが可能な児童見守りメール機能が付加されたSANフラワー見守りサービス「スクールプラン」の実運用体験用SANタグの配布を入学式などで実施した。
 体験期間中はすべての見守りサービスを無料で使用でき、継続して使用する場合もお得なプランで契約申込みできる。
 同社では、実運用体験を実施する幼稚園、保育園、小中学校、塾などを現在募集している。

◆SANフラワー見守りサービスの概要
 GPSを利用せずに正確な居場所を捜索 <日本初>
 従来のGPSを利用したシステムでは屋外で利用する自動車やバイクの盗難時の追跡には有効だが、「屋内などGPS電波が弱いと位置の誤差が大きくなる」ことがあり、有効に利用できるケースが限られていた。
 また、「通信事業者に支払う月額利用料が発生する」、「携帯端末のサイズが大きい」、「電池切れが早い」などの課題を抱えていた。
 しかし、「SANフラワー見守りサービス」は、GPSや携帯電話を利用せず、ウェブでSANアンテナエリアを検索して広域の位置情報を取得し、SANレーダーを使うことで、屋内外を問わず身に付けたSANタグの正確な居場所にたどり着き発見でき、その誤差は50cm程度。
 この仕組みによって、“より安く”、“より早く”、“より確実に”万が一の時に対応することが可能になった。
 4月6日からサービスを開始した「児童見守りメール」機能付きスクールプランは、2年契約の初回登録料5,000円、年会費6,500円〜の低価格で利用できる。

◆児童見守りサービス「スクールプラン」
 幼稚園、保育園、小中学校、塾向けの見守りサービスとして、各学校単位10名以上で申込む児童見守りサービス。
 学校に設置する設備(SANアンテナ)の初期費用、機器のメンテナンス費用は同社が負担するので、学校やPTAの予算も面倒な設置工事も必要なく、即導入、すぐに運用が開始できる。
 スクールプランの選べるコースは3つで、あんしんコースでは、年会費2年分8,000円を支払の場合には、1カ月333.3円と月当たりの費用が安いので、利用者の負担も小さく安心。

◆実運用体験校の募集
 「SANフラワー見守りサービス」の効果を体験できる実運用体験を実施する小学校や高齢者認知症行方不明者捜索模擬訓練などの地域見守り訓練を実施する自治体、企業を募集している。

加藤電機(株)
セキュリティラウンジお客様サポートセンター TEL 0569-26-0088

http://www.anshin-anzen.com/san-flower/

http://www.anshin-anzen.com/san-flower/school/

2016年4月25日発信

 
 
会社案内お問い合わせ