日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

LG Innotekより前方と後方を同時に撮影、駐車中の録画にも対応した
液晶付きドライブレコーダー「Alive LGD-100」発売

 (株)INBYTEはLG Innotekの日本代理店として、タッチパネル液晶を搭載し本体での映像再生や駐車中の録画に対応したドライブレコーダー「Alive LGD-100」の発売を開始した。
 駐車中の撮影に特化した「駐車モード」を搭載しており、駐車時に人や車などが映り込んだ時のみ映像を記録する“動体検知機能”によって、駐車中の車両を効率的に監視する事が可能となった。
 また、製品を保護する機能として、駐車中に安全に電源を供給する“バッテリー保護機能”のほか、高温時に液晶表示や電源を遮断する機能や、バッテリーの上がりやすい低温時にバッテリー保護を強化する機能などが用意されている。
 さらに、映像の本体再生を制限するセキュリティ機能を用意しており、同機能とあわせて暗証番号を設定することで第三者による車内での映像閲覧や映像の消去を防ぐ。
 前方+後方の同時撮影やタッチパネル液晶の搭載など、ドライブレコーダーの基礎的な機能を踏まえつつ、駐車中の撮影やセキュリティ機能など、より広く便利に利用できるよう設計されたドライブレコーダーとなる。

◆主な特長
・タッチパネル液晶搭載
 いざという時にすぐに操作が可能な、直感的に分かりやすいタッチパネル方式を採用した。
 タッチパネルを利用して設定を変更したり、再生したい録画映像を選んでワンタッチで再生する事ができるようになり、大幅に使い勝手が向上した。
・2つのカメラで前方と後方を撮影
 2カメラ分離式のドライブレコーダーとなるので、前方と後方を同時に撮影する事が出来る。
 後ろからの追突や後続車による事故など、より多くの事故への対応が可能になった。
・駐車中の撮影に対応
 ヒューズボックスに配線することで、エンジンが停止した状態でも動作が可能となり、駐車時の撮影にも対応する。
・駐車中の撮影を助ける便利な機能
 駐車中に効率的に撮影する為の機能や、バッテリー上がりを防ぐ為の機能など、駐車時の撮影に特化した機能が搭載されている。
 動体検知機能:駐車中に人や車などの動体を検知した場合のみ記録する機能
 バッテリー保護機能:バッテリー上がりを防ぐ為、一定の電圧で自動停止する機能
 温度監視機能:駐車中、車内が高温になった場合に自動停止する機能
 低温時保護機能:低温時、駐車中のバッテリー保護をより強化する機能
・24Vの電源に対応
 12Vから24V までの電源に対応しているので、トラックやバスなどの大型車両でも利用できる。
・暗証番号によるセキュリティ機能
 暗証番号を設定しセキュリティ機能をオンにすると、本体液晶での再生を制限するほか、本体でのSDカードのフォーマットを制限することが可能となり、第三者により車内で映像を見られたり、映像を消去されるのを防ぐ事ができる。

(株)INBYTE
http://inbyte.jp/lgd100.php

2016年5月16日発信

 
 
会社案内お問い合わせ