日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

Wi-Fiでスマホと連動、いつでもどこでも愛艇と一緒にいる感覚を
ボート専用の多目的カメラを発売

 ボート売買のマッチングサイトやデザイナーズ家具の通販を展開する(株)ソルティアーツは、防犯カメラの開発・販売を手掛ける新鋭(株)と共同で、Wi-Fi環境を利用してマリンレジャーの楽しみを大きく広げる多目的カメラ『ez-boat EYE(イージーボート・アイ)』を企画・開発し、販売を開始した。

◆小型船舶を所有して余暇生活を楽しむオーナーの心配事やニーズ
・最近、忙しくてマリーナに行っていないので、無性にマイボートに会いたくなる
・台風や高波が来たけど、係船ロープは大丈夫かな?
・雪が降ったけど、桟橋付近はどんな状態かな?
・船が揺れる上に手振れしてしまう航行動画を、もっと上手く撮影する方法はないかな?
・家で待つ家族にも、航海中に出会う素敵な景色をリアルタイムで動画中継してあげたい
・夜間など、ボートのデッキ内に不審者が入った瞬間に、自分のスマホに警報してくれるような仕組みがあったらいいな

◆マリーナ・IPカメラ(ネットワークカメラ)・プレジャーボート三者間に親和性
・通常のマリーナでは、365日24時間、各桟橋に置かれた「陸電設備」からボート内のバッテリーに充電が可能で、係留時・航行時とも、カメラやWi-Fiルーターへの通電に支障が無いこと。
・多くのマリーナが立地する湾岸地域では、一般に、Wi-Fi電波間の競合が少なく、通信の環境として恵まれていること。
・昨今、ほとんどのプレジャーボートの船体の成形にはFRP(繊維強化プラスチック)が主要材料として使用されており、その素材特性として、電波透過性に優れていること。

◆『ez-boat EYE(イージーボート・アイ)』
 新商品『ez-boat EYE』は、プレジャーボート特有の条件を考慮、湾岸や海など極めてタフな環境で稼働させる前提から、激しい風雨や数分間の水没にも耐えられる「IP67」という防塵防水規格を備え、カメラを固定する部品にも錆びが発生しにくいステンレス製を使用。
 加えて、電源ではDC(直流)12Vと共に24Vにも対応させ、デザイン面でも、一般的なボートの船体に設置して違和感の少ない白塗装を選択した。
 ・スマホやパソコンとのP2P通信でカメラが映し出す映像を簡単に確認できる
 『ez-boat EYE』を船体外部に取り付け、船内にWi-Fiルーターを用意、専用アプリで設定しておけば、カメラが撮る映像を手元の端末(iPhone、iPad、Android、パソコン)とのP2P通信で簡単に確認でき、いつでもどこでも愛艇と一緒にいる気分を味わうことが可能。
 ・最大26日間の映像の連続録画が可能
  カメラは100万画素で、映像品質を3段階で切り替える方式。船体に固定するため、係留時はもちろん航行時でも揺れるボートで撮る映像としては予想以上に滑らか。カメラ内には大容量64GBのSDカードが内蔵されており、自動的に最大26日間の映像を30分刻みのファイルにして連続録画が行える。
 ・お気に入りの瞬間を集めたアルバム作成
  航行時、スマホの画面にリアルタイムで流れる映像を見ながらカメラのシャッターを切ったり、帰港後、録画した動画をパソコンでチェック、お気に入りの瞬間をキャプチャーすれば、飛びっきりのアルバムを作ることもできる。
 ・赤外線LEDの暗視や動作検知機能付き
  夜間、後部デッキのキャビン入口の上に設置したカメラをチルトダウンしておけば、赤外線LEDの暗視や動作検知機能によって、不審者の侵入を遠隔のスマホに通知したり、事件映像の録画も可能。

(株)ソルティアーツ
http://www.saltyarts.com/eye

2016年6月13日発信

 
 
会社案内お問い合わせ