日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

低価格のハイスピードカメラシステム 「瞬間ハンター」を大幅に高速化
従来の約2倍、毎秒1,000フレーム以上を実現

 (株)イマジオムは、(株)プロリンクスの技術協力を得て、イマジオムのハイスピードカメラシステム「瞬間ハンター」で、従来の2倍である毎秒1,000フレームを超える高速撮影を実現した。
 「瞬間ハンター」は、手持ちのパソコンに専用ソフトウェアをインストールし、高性能化・低価格化の進む産業用カメラをつなぐだけで構成することのできるハイスピードカメラシステム。
 汎用品を活用することで20万円を下回る価格を実現、研究開発や教育などの幅広い分野で高速撮影に活用できる。
 人間の目では捉えきれないすばやい事象の観察には、ハイスピードカメラを使う方法が一般的であった。
 しかし特殊な部品で構成されるハイスピードカメラは大型で高価な機材が多く、また高速撮影を必要とするすべてのユーザが10,000FPS(フレーム/秒)の高速性を求めているわけではなかった。
 そこで同社では、一般的なWindowsパソコンに産業用カメラを接続して高速に動作させるソフトウェアを開発し、低価格なハイスピードカメラとしての利用を可能にした。
 工場などで使われる産業用カメラは、ここ数年の間に高性能化と低価格化が急速に進み、10万円を下回る価格でありながら500FPS以上の速度を持つものも現れている。
 産業用カメラを使うことで低価格なハイスピードカメラを実現する、これが「瞬間ハンター」。
 今回のバージョンアップでは、ドイツの産業用デジタルカメラメーカーであるIDS社製カメラのための専用インタフェースを新たに開発することで、「瞬間ハンター」の高速化を実現した。
 アプリケーション(プログラム)でカメラを使うには、カメラをWindowsに認識させる「ドライバ」と、ドライバから出力される映像を受け取る「インタフェース」の、2つのソフトウェアが必要になる。
 従来の「瞬間ハンター」は、IDS社製のカメラから「DirectShow」(ダイレクトショー)という手段を使って映像を受け取っていたが、IDS社製のカメラドライバは、DirectShowよりも高速な別の手段を用意しており、最新型のカメラとの相性を高めていた。
 そこで同社では、この手段を使用して、IDS社製のカメラドライバと「瞬間ハンター」の本体をつなぐ、新たなインタフェースを開発することにした。
 専用インタフェースが完成したことにより、「瞬間ハンター」は最新のIDS社製カメラの優れた性能を存分に引き出すことができるようになった。

◆■「瞬間ハンター」の特徴
・高速撮影が可能
 使用するカメラの性能によるが、VGA解像度(640×480ピクセル)なら500FPS、QVGA解像度(320×240ピクセル)なら1,300FPSを超える高速撮影が可能。
 IDS社製カメラを使っての検証では、VGA解像度で1,005FPS、QVGA解像度で2,564FPSの速度が得られることを確認した。
・操作が簡単
 パソコンにカメラを接続し、画面にある「撮影」ボタンを押すだけで映像を記録することができる。
 簡単な操作なので、だれでも使える。
・トリガタイミングの選択が可能
 「撮影」ボタンの押された時刻を基準とし、直後の映像を記録する「スタートトリガ」、前後の映像を記録する「センタトリガ」、直前の映像を記録する「エンドトリガ」を使い分けることができる。
・自動スローモーション
 撮影した映像には自動的にスローモーション処理を行い、互換性の高い30FPSの動画として記録する。
 高速撮影された映像にあらためてスローモーションをかける必要がなく、撮影したその場で詳細に観察することができる。
・低価格
 「バンドルライセンス」を選べば、産業用カメラと合わせて購入しても20万円以下。
 これまで敷居の高かった高速撮影を手軽に行うことができる。


(株)イマジオム
TEL 0294-28-0147

http://www.imageom.co.jp/ShunkanHunter/

2016年6月20日発信

 
 
会社案内お問い合わせ