日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

企業向けセキュリティ対策製品のランサムウェア対策機能を強化
エンドポイントにおいて暗号化されたファイルを自動的に復旧

 トレンドマイクロ(株)は、エンドポイント向けクラウド型セキュリティサービス「ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス(以下、VBBSS)」および企業向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション(以下、ウイルスバスター Corp.)」において、ランサムウェア対策機能を強化し、順次新機能を搭載している。
 日本国内で被害が増加しているランサムウェアに対抗するため、同社では企業向けセキュリティ対策製品のランサムウェア対策機能を強化している。
 特に、VBBSSとウイルスバスター Corp.では、従来でのパターンマッチングおよび挙動監視によるランサムウェア対策機能に加え、事前にファイルをバックアップし、万が一ランサムウェアがファイルを暗号化した場合でも、バックアップファイルを用いて自動的にファイルを復旧する機能を新たに搭載。
 バックアップファイルはアクセス制限がかかったフォルダに安全に保存される。
 また、通常のバックアップ機能とは違い、バックアップファイルを自動的に差し替えるため、ユーザの手動による復旧の手間を省き、ビジネスを継続することが可能。
 これにより、企業の大事なデータの損失を防ぐ。
 また、企業向けの各製品において、2016年5月より順次ランサムウェアの検出状況を管理画面にて可視化する機能を新たに搭載し、企業がランサムウェアの脅威に対して、効果的な対策を行うことを支援している。  

トレンドマイクロ(株)
営業 TEL 03-5334-3600

http://www.trendmicro.co.jp

2016年6月27日発信

 
 
会社案内お問い合わせ