日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

日本初上陸!ドイツの老舗メーカーが誇る
二つのセキュリティ機能搭載の海外旅行向け“革財布”受注開始

 メクトラは、ドイツの革小物ブランド「Esquire」製品の取り扱いを始めた。
 第1弾の商品は、カード犯罪防止のために二つのセキュリティ機能を備えた「Harry(ハリー)」と「Helena(ヘレナ)」シリーズ。

◆「Harry」と「Helena」シリーズの特徴
 最上級のナッパ・レザーを使用し、カードのセキュリティに関して世界最高級の安全性を備えたEsquireブランドを代表するシリーズ。
 「Harry」は男性向け、「Helena」は女性向け製品として展開している。
 「Harry」と「Helena」シリーズは、カードのセキュリティに関して「CARDSAFE」と「RFIDプロテクト」の二つの機能を備えている。
 「CARDSAFE」は、カードポケットの取り出し口が中心部を向いた独自の構造で、財布を閉じた状態ではカードが取り出せない。
 これによって、カードの紛失や抜き取り被害を防止できる。
 「Esquire」がパテントを所有している。
 「RFIDプロテクト」は、クレジットカードや電子マネーなどに使われている非接触型のICカードの情報を盗まれないようにする機能。
 特に海外では、財布に入れたカードの情報をズボンのポケットやバッグ越しに、特殊なカードリーダーを使って読み取られてしまう犯罪が多発している。
 「RFIDプロテクト」機能は、これらの犯罪からカード情報を保護する。  

メクトラ
http://mekutora.com

2016年7月19日発信

 
 
会社案内お問い合わせ