日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

“IT×住宅不動産”スマートロックを販売開始
ドアに貼り付けるだけのスマートフォンによる便利なホームセキュリティ

  (株)フィットは、Qrio(株)が開発する「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」を標準仕様とした住宅の販売を進めていく方針を発表した。
 「Qrio Smart Lock」は設置することでスマートフォンからの鍵の施錠・解錠を可能にするデバイスで、アプリを起動し、出てくる画面のボタン操作で簡単に鍵を開けることができる。
 アプリ内で設定をすれば、帰宅した時に自動で解錠するという機能をβ版として備わっている。
 「帰宅時に鍵を探すのに手間取る」「荷物を持っていたり、子供を抱いていたりすると施錠や解錠が大変」という声を受けこの「Qrio Smart Lock」の導入に至った。
 「Qrio Smart Lock」を使うことで、帰宅時などの手間が省けワンタッチで解錠をすることができる。
 鍵をかけ忘れた場合でも、自動的に施錠する機能も備わっており、「閉め忘れゼロ」にも繋がる。
 さらに、同社では、賃貸事業も行っており、内観見学時の鍵の受け渡しの時間短縮などになるシステム。
 また同様に、今後ニーズの高い民泊事業においても幅広い活用が見込まれるため積極的に取り入れていく予定。
 この「Qrio Smart Lock」は、メールやメッセージアプリでURLを送信することで「鍵の権限」を簡単に共有できる。
 鍵の利用については承認制なので、万が一間違えた場合も安心。
 鍵の施錠や解錠については履歴を参照できるようになっているので、いつ誰が使ったかについても、安心して、利用することができる。
 また、鍵紛失時の合鍵の作成や鍵の受け渡しが不要になる。
 「鍵の権限」については、時間帯や日程設定が細かくでき、一定時間が経過すると自動的に鍵が閉まるオートロックシステムも付いている。
 「Qrio Smart Lock」とスマートフォンの間ではBLE(Bluetooth Low Energy)を利用した独自のセキュリティ技術で強固なセキュリティを実現している。
 設置については工事不要の特殊な粘着シートで貼り付けるだけになっている。
 国内主要メーカーの多くの鍵に設置が可能。
 また、電池はCR123Aというリチウム電池を2本用意、予備で2本を挿入すると最大で600日連続稼働が可能で、電池が切れる前にスマートフォンに通知が来るシステムとなっているので電池切れについても心配することなく安心して使える。

(株)フィット
http://www.fit-group.jp/

2016年7月25日発信

 
 
会社案内お問い合わせ