日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

校門通過情報配信サービス 「キッズセキュリティ・ミマモルメ」
東京都港区の全学童クラブ26施設へ導入

 東急セキュリティ(株)は、2013年6月から阪神電気鉄道(株)と業務提携を行い、東急線沿線を中心に展開してきた校門通過情報配信サービス「キッズセキュリティ・ミマモルメ」を、東京都港区の学童クラブの全施設(26施設)に一斉に導入し、サービスの提供を開始した。
 東急セキュリティは、阪神電気鉄道と業務提携を行うことで、同社が関西一円に展開している、セミアクティブICタグを持つ子供が校門を通過するだけで通過情報をメール配信できる「登下校ミマモルメ」を、公立小学校向け「キッズセキュリティ・ミマモルメ」として2013年10月から東急線沿線の公立小学校を中心に提供を始めた。
 登下校ミマモルメ(キッズセキュリティ・ミマモルメを含む)は2016年7月1日現在、首都圏では東京都世田谷区・目黒区、神奈川県横浜市・川崎市を中心に約70校、関西圏も含めると約800校の学校で導入している。
 今回、2016年7月1日から「キッズセキュリティ・ミマモルメ」を東京都港区の学童クラブの全施設に一斉に導入した。
 現在、港区の学童クラブでは、保護者が子供の学童クラブ入退室時刻をリアルタイムで確認する手段がなく、さらに就労などで自ら送迎できない保護者の方も多く、保護者の方の不安軽減に役立つ。

◆サービスの概要
・サービスの内容
 セミアクティブICタグを持った子供が学童クラブの出入口(小学校内にある学童クラブの場合は学校門)を通過すると、保護者にメールが配信されるサービス。
・特長
 ハンズフリーのICタグを利用するため、従来のカードリーダタッチ式のサービスよりも子供の負担がなく、タッチ忘れなどもない。
 ICタグを持った子供が、キッズセキュリティ・ミマモルメが導入されているほかの学童クラブおよび小学校を通過してもメールが配信される。
・価格
 港区の学童クラブ利用者は無料で使用できる。  

東急セキュリティ(株)

2016年8月1日発信

 
 
会社案内お問い合わせ