日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

IoTサービス「インテリジェントホーム」を活用した
民泊での「Connected API」実証実験実施

  イッツ・コミュニケーションズ(株)と、Connected Design(株)、沖縄ケーブルネットワーク(株)の3社は、本年4月より「インテリジェントホーム」サービスの提供を開始している沖縄ケーブルネットワークを通じ沖縄県内の事業者に対し、民泊での運営効率を向上させる仕組みを検証するために「インテリジェントホーム」と、Connected Designが開発したIoT機器をお客さまのシステムに連携できる法人向けAPIシステム「Connected API」(特許出願中)を活用した実証実験を行うことに合意し、8月1日より実験を開始した。
 民泊を運用する為には利用者に対して「鍵」の受け渡しを行う必要があり、現在は管理人を介して鍵を直接利用者に受け渡し、利用終了後に再度鍵を引きとっており、非常に効率が悪く、また紛失や複製など防犯上の課題も多く、その解決策が求められている。
 実証実験は8月1日から約3ヶ月間、「インテリジェントホーム」システムのホームゲートウェイ、スマートロック(電子錠)、IPカメラ等を設置した沖縄県浦添市の対象物件に対して「Connected API」を活用しこれら課題の解決を図るとともに、民泊運営の負担軽減と効率アップを検証する目的の実証実験となる。
 今回の実験を通じ、「インテリジェントホーム」並びに「Connected API」の民泊での利便性を検証した後、本格的に業務用システムとして提供を開始する予定。
 Connected APIは、民泊の運営の簡素化と管理コストの低減が出来るアプリケーション。
 宿泊客から申込みを受け付けた後、宿泊客のスマートフォンや携帯電話(ガラケー)に、期間限定で鍵の開閉が出来るメールが送られ、宿泊客は許可された期間自由に鍵の開閉が出来る。
 一般的な鍵の受け渡しが不要となり、また鍵の紛失や複製に伴う犯罪も防ぐ事ができ、施設を利用する上での不安も解消される。
 また、各種センサーを設置することで、不正利用や不法侵入の抑止も可能となる。

◆活用例(スマートロックの場合)
・不動産物件の内覧自動化
 内覧予約管理システムと連携し、内覧を申し込んだ時間に鍵を開閉できる権限を付与
・家事代行、訪問介護等との連携
 予約管理システムと連携し、特定の時間にスタッフが鍵を開閉できる権限を付与
・民泊
 予約管理システムと連携し、宿泊客が宿泊期間に鍵を開閉できる権限を付与
・シェアオフィス
 会議室予約システムと連携し、利用者が会議室を申し込んだ時間に鍵を開閉できる権限を付与

イッツ・コミュニケーションズ(株)
http://www.itscom.jp/

Connected Design(株)
http://connected-design.jp/

沖縄ケーブルネットワーク(株)
http://www.nirai.ne.jp/

2016年8月22日発信

 
 
会社案内お問い合わせ