日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

米国の画像解析ベンチャーPlacemeter社と販売契約を締結
人や車の動きを検出する新サービスの提供で、IoTソリューションを拡充

 日本システムウエア(株)は、Placemeter社(本社:米国ニューヨーク市)と日本における販売契約を締結し、同社サービスの提供を開始した。
 Placemeter社は2012年に米国で創業したベンチャー企業。
 カメラ映像やセンサーで人や車などの動きを検出する画像処理・分析サービスを開発し、現在、米国をはじめ世界30か国で500件の利用実績があり、画像処理技術を組込んだ専用のIPカメラ開発・販売なども手掛けている。
 Placemeter社が提供する画像分析サービス「Placemeter(プレースメーター)」は、IPカメラ映像やセンサー情報から歩行者や車、自転車など対象物の動きを検知するサービス。
 取得した情報はPlacemeterのプラットフォームで解析され、結果は管理画面上で表やグラフの形式で視覚的に確認することができる。
 対象物の進行方向や密度から交通量や混雑度を把握することが可能なため、自治体の都市計画や公共エリアのセキュリティ監視、小売業では店舗の来店者数のカウント、待ち時間の計測、広告業では広告物前の通行量測定など、さまざまな用途で幅広い分野で利用されている。
 同社は今回の販売契約とあわせて戦略的投資を行ったことにより、自治体向け、工場・プラント向け、倉庫・物流向けの各分野で独占的な販売権を有しており、これらのユーザーに対するサービス提供とあわせて、小売業やサービス業など幅広い分野へのサービス提供も行っていくとのこと。
 画像分析サービス「Placemeter」を、1ライセンス(1カ所計測ごと)あたり月額1,000円から提供し、専用のIPセンサーおよびIPカメラを1台あたり8,000円から販売するほか、既設のIPカメラに対する同サービスの提供や、同社のIoTクラウドプラットフォーム「Toami」とのデータ連携サービスも提供する。
 また、将来的にはPlacemeter社の画像解析アルゴリズムを内蔵したカメラ製品の開発・提供も計画している。

日本システムウエア(株)
ITソリューション事業本部ビジネスイノベーション事業部 TEL 03-3770-0017

http://www.nsw.co.jp/

2016年8月22日発信

 
 
会社案内お問い合わせ