日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

外周警戒用侵入検知センサを国内発売
侵入を未然に防ぐ「事前抑止」の概念を国内で拡大

 オプテックス(株)は、外周警戒用侵入検知センサ「SL(スマートライン)シリーズ」9機種の発売を9月1日より開始する。
 同センサは、建物や敷地の外周に沿って設置し、センサが侵入者を検知すると、直ちに警備会社や監視センターに通知されるもので、施設への不正な侵入を早期に発見し、犯罪を未然に防ぐことが可能となる。
 昨今、世界各地で相次ぐテロ事件や犯罪の凶悪化、移民・難民問題による治安の悪化を背景に、できるだけ 早い段階で建物への侵入を阻止する屋外の防犯対策へのニーズが増加している。
 日本においては、社会イン フラのような重要施設では屋外の防犯対策にセンサや監視カメラの導入が進んでいるが、商業施設や工場な どでの普及はまだ十分とは言えないのが現状。
 同社は、不審者が建物や敷地に入るまでに屋外で侵入を検知し、犯罪を未然に防ぐことの重要性に いち早く着目し、侵入されてから通報する事後通報から、侵入される前に防ぐ「事前抑止」という考え 方を取り入れた外周警戒用のセンサを製品化し、外周警戒用センサの世界シェア約 40%を有している(同 社調べ) 。
 今回、商業施設や工場、重要施設までの幅広い現場環境における防犯対策として、海外で実績のある同セ ンサシリーズをラインアップに追加することにより、国内での外周警戒用の侵入検知センサを普及させ、さら なる事前防犯に貢献するとのこと。

◆SLシリーズの特長
・正確で安定した検知を実現
 侵入検知センサが使用される屋外は、小動物や草木の揺れによる周囲環境、雨・雪・風などの自然環境の変 化が発生する過酷な環境だが、そのような環境下でも侵入者を確実に検知するため、霧の発生等の環境変化 に応じてセンサ性能を安定的にする自動投光量調整機能や、誤報要因となる鳥や小動物などの検知を防 ぐ 4 段ビーム同時遮断検知機能を搭載している。
 これらの高い耐環境性能により、施設や敷地の安全性の 向上を実現する。
・正確で効率的な設置・調整が可能
 同センサは、近赤外線を発する投光器とそれを受ける受光器の 2 本で構成されており、その間で近赤外線が 遮られると発報する仕組みになっている。
 今までの赤外線センサは、2 本の各センサの調整状況(光軸レ ベル)を確認するために 2 人 1 組での調整作業が必要であったが、双方向通信機能を搭載す ることで、作業員が 1 人で正確な設定・調整ができるようになった。
・施設の景観を邪魔しない防犯対策を実現
 文化財施設や美術館、高級店などの景観を重視する施設においては、センサの大きさや見た目は重要項目の一つだが、このような施設でのニーズに応える、スリムな筐体(同社従来品体積比 44%削減)の開発に 成功したことにより、施設の景観も守ることができる。

オプテックス(株)
http://www.optex.co.jp/

2016年8月29日発信

 
 
会社案内お問い合わせ