日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

インバウンド向け防災備品レンタル事業開始
訪日外国人の滞在期間中の防災備品レンタル事業

 合同会社LifeDroneは、訪日外国人が、滞在期間中に災害に遭ったシーンで活用できる「sonae レンタル」を、2016年9月1日から開始する。
 急激な訪日外国人の増加に伴い、都心部ではホテル不足が生じ、外国人観光客からは「未熟なWiFi環境」や「ホテル等のスタッフとコミュニケーションがとれない(英語が通じない等)」などの不満の声があがっている。
 そして、記憶に新しい熊本地震など、災害リスクが世界一である日本にきている外国人観光客は、常に地震などの災害の脅威にさらされている。  もし今、大地震が起きてしまったら、言葉が通じず、土地勘もない外国人はどうなってしまうのか?
 政府は自国民に対しては、非常食の備蓄や災害速報などのケアを行っているが、年々、増え続けている外国人観光客に対しては全くと言っていいほど、準備ができていないのが現状。
 そこで同社では、訪日外国人が被災された時のために、リュックサック一つで、充分な水や食料等が確保できる「インバウンド向け防災備品レンタル事業 : sonae」の提供を開始することとなり、9月1日より、東京23区、横浜市、川崎市にて事業を開始、その後、日本全国の主要都市に展開予定。

◆sonaeの特長
・調理が簡単・火がなくても温かいご飯が食べられる
 「sonae」には「保存水、非常用アルファ米、発熱セット、救急セット、非常用トイレ」がリュックサック一つに全て入っている。
 「発熱セット」には、少量の水さえあれば火や電子レンジを使わずに、加熱することが出来る「バロクック レクタンギュラー」が入っており、災害時でも温かいご飯を食べることが可能。
 また「非常用アルファ米」は水だけで食べることも可能。
・多彩なラインナップ!
 「sonae」では、水・食料のみに特化したプランから、ソーラーバッテリーや非常用ランタンなどもレンタルできるプランを用意している。
 訪日滞在者のスタイルに合った防災備品を準備し、どんな災害にもリュックサック一つ対応できる。  

合同会社LifeDrone
http://lifedrone.biz/index.html

2016年8月29日発信

 
 
会社案内お問い合わせ