日本実務出版 「安全と管理」「展示会情報」「セキュリティ産業年鑑」「防犯機器情報」  
 
セキュリティ関連会社INDEX
機器部門別情報
検知器部門
伝送装置部門
緊急通報装置部門
出入管理部門
バイオメトリクス部門
錠前部門
ホームセキュリティ部門
情報セキュリティ部門
クラウドセキュリティ部門
映像監視システム部門
映像機器(カメラ)部門
映像機器(レコーダー)部門
映像機器(レンズ他)部門
雷害対策・電源装置部門
ロス防止機器部門
無線通信機・システム部門
警備関連部門
防犯機器・装置部門
防災機器・装置部門
トータルセキュリティ部門
その他機器部門
市場別情報
学校のセキュリティ
重要施設のセキュリティ
ビル・オフィスのセキュリティ
金融機関のセキュリティ
商業施設のセキュリティ
工場のセキュリティ
公共施設のセキュリティ
医療機関のセキュリティ
ホームセキュリティ
地域防犯
企業情報
TOPIC
震災支援
TOPIC
TOPIC
新着情報
TOPIC
SECURITY SHOW 2015
危機管理産業展2014
テロ対策特殊装備展'14
第9回オフィスセキュリティEXPO
第13回自動認識総合展
情報セキュリティEXPO 2010
第15回「震災対策技術展」横浜
出版書籍
防犯・防災専門サイト「セキュリティナビ」
 

トラスト社が建築現場防犯システムにBIGLOBE SIMを採用
国立競技場の解体現場で無人ゲートに設置、IoTリモート監視で防犯対策に貢献

 ビッグローブ(株)の提供する高速モバイル通信サービス「BIGLOBE SIM」が、(株)トラストの屋外建設現場のNETIS登録防犯システム「タイガード」に採用された。
 「タイガード」はこれまで国立競技場の解体現場など、屋外の建築現場を中心に使われてきた。
 ビッグローブとトラストは、今後共同でビニールハウスやメガソーラ施設、物流倉庫など利用領域を拡大し、ビッグローブはIoTを活用したリモート監視システムの販売を開始する。
 「タイガード」は無人になることが多い屋外の建築現場などに設置する、盗難対策用の可搬型IoT防犯システムで、センサーが異常を感知すると、回転灯が点灯しサイレンが鳴る。
 リモート監視時はあらかじめ設定した登録者にメールが送られ、スマートフォンやPCから動画でリアルタイムに現場の状況を確認できる。
 これまでは、「タイガード」でリモート監視を行うためには、利用者がモバイル回線を個別に契約、準備する必要があり、設置まで時間や手間がかかっていた。
 トラストは2015年、あらかじめ「BIGLOBE SIM」を装着した形で「タイガード」を建設現場に設置することを可能にし、コンセントにつなげばすぐにリモート監視が行えるようになった。
 これにより、通常の屋外防犯工事の1/4程度のコストでリモート監視システムの構築が可能になり、50箇所の施設で採用された。

ビッグローブ(株)
http://office.biglobe.ne.jp/m2m/

2016年9月20日発信

 
 
会社案内お問い合わせ